薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

前頭部・生え際の自毛植毛

      2015/12/15

AGA(男性型脱毛症)を発症した男性は、抜け毛が増えて次第に薄毛が進行していきます。

年齢と共に加速していくのが大きな特徴で、前頭部の生え際が後退して剃り込みが深くなっていくのが典型的なAGAの症状です。

AGAを発症すると年齢を重ねるにつれて生え際の後退は進んでいくため、自毛植毛をクリニックで受けるのは選択肢の一つかもしれません。

・生え際に毛髪を植え付けて後退を防ぎたい
・前髪の密度を上げておでこの広がりを防ぎたい
・前頭部をフサフサにして見た目のイメージを良くしたい

上記のような薄毛の悩みを抱えている男性には自毛植毛が適しており、生え際への移植は大よそ600グラフト~1200グラフトが必要となります。

薄毛の症状が進行していない男性ならば、もっと少ない本数でも生え際の後退を劇的に改善できますし、頭頂部の広範囲に渡る脱毛と比べて安い費用で済むのです。

女性ならばおでこが多少は広くてもチャームポイントの一つになり得るかもしれませんが、男性の場合は好意的に見られるケースは少なく、「ベジータ」「剃り込み」などのあだ名を付けられてしまうことがあります。

前頭部は他の部位と比べて血行不良が引き起こされやすく、内服薬のプロペシアや外用薬のミノキシジルでは改善できないかもしれません。

男性ホルモンによる影響だけではなく、食生活の乱れや精神的なストレスも薄毛の原因として関わっており、育毛剤の使用では限界があるので自毛植毛をクリニックで受けるのは方法の一つなのです。

髪の毛の密度をそこまで求めないのならば、1回の自毛植毛で満足のいく前頭部を手に入れられるのではないでしょうか。

ただし、生え際への自毛植毛は頭頂部とは違って高い技術力が必要で、経験の浅い医師による手術を受けると失敗のリスクが高まります。

・生え際が真っ直ぐになっていて不自然
・剃り込みが直角で植え付けがまばら
・こめかみの既存毛との境がハッキリしている
・ヘアラインの前列の毛髪が濃すぎて不自然

生え際への自毛植毛は形状や密度を慎重に考えなければならず、他の部位と比べて高い技術が必要となります。

人の生え際には産毛と太い髪の毛が混ざっており、密度を上げすぎても濃くし過ぎても不自然になるので注意しなければなりません。

ただ毛髪を植え付けて増やすのではなく、「ヘアラインをどのくらい下げるのか?」「どの程度の濃さにするのか?」「産毛をどの程度植え付けるのか?」といった点を配慮するべきです。

もちろん、患者さんの意思でどうにかできる問題ではないので、自毛植毛で生え際を下げる場合は技術力が高く、信頼できる医師が在籍したクリニックで手術を受けましょう。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックは、今までに自毛植毛だけで20,000件の症例数を誇っているのでおすすめです。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の部分