薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

頭頂部・つむじの自毛植毛

      2015/12/15

自毛植毛と聞くと生え際のちょこっとした部分に植え付けるイメージが強いかもしれませんが、つむじ付近の頭頂部の薄毛で悩んでいる男性にも効果的な薄毛治療となっております。

AGAによる薄毛は以下の3つのパターンが多く、個人によって異なるのが大きな特徴です。

・剃り込みの部分から生え際が進行するタイプ
・前頭部の前髪からだんだんと薄くなるタイプ
・つむじ付近の毛髪が抜けて頭頂部から進行するタイプ

どのような薄毛の症状でも、自毛植毛ではAGAの影響を受けにくい部位の毛髪を移植する手術なので、根本的に改善できるのです。

てっぺんのつむじ付近は人から見られるケースは少ないかもしれませんが、背の低い男性や電車で座った時に人目に付きます。

若ハゲというだけで老けて見られる大きな原因ですし、投薬治療で変化が得られないのならば頭頂部へと自毛植毛で毛髪を移植するのは選択肢の一つなのです。

生え際のM字型ハゲは欧米人に多く、頭頂部のO字型ハゲは日本人に多いと言われております。

プロペシアやミノキシジルではAGAの根本的な解決には繋がりにくいですし、やめた時点で効果がなくなるのが最大のデメリットなので、現在では自毛植毛が注目を集めているのではないでしょうか。

つむじ付近の薄毛の症状が進行しているのならば、移植本数は2000グラフトを超えるので高額な費用がかかるかもしれません。

もちろん、数百本でも十分に対応できますし、どの程度の本数が必要なのか素人では判断できないので、頭頂部の薄毛を克服したいという男性は一度アイランドタワークリニックを訪れてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、現在では医療の発達により、自毛植毛の定着率は95%を超えております。

前頭部でも頭頂部でも同じように95%という数値が得られ、生着率が高ければ高いほどドナーを無駄にせずに済むのです。

ただし、つむじ付近の自毛植毛に限った話ではありませんが、「手術を受けられればどのクリニックでも良い」というわけではありません。

つむじ付近の髪の毛は放射線状で生えており、毛の流れに逆らって植えつけると不自然な仕上がりになります。

自毛植毛では髪の毛を増やすだけではなく、違和感のないヘアスタイルに仕上げなければ意味がないので、医師やスタッフの技術力が欠かせないのです。

経験豊富なドクターやクリニックで自毛植毛を受けなければ薄毛のコンプレックスは解消できないので、慎重に選ぶようにしてください。

 - 自毛植毛の部分