薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と体毛(すね毛・胸毛)

      2015/12/15

「自毛植毛で自分の髪の毛を移植するのではなく、すね毛や胸毛などの体毛も使うこともできるのではないか?」という意見が出回っております。

確かに、生え際や頭頂部といった部位の毛髪は男性ホルモンの影響を受けやすく、年齢を重ねてAGAを発症すればだんだんと薄くなってしまうのです。

しかし、すね毛や胸毛といった体毛は後頭部や側頭部と同じように男性ホルモンの影響を受けにくく、むしろ剃れば剃るほど濃くなっていきます。

そのため、「自毛植毛は体毛を利用する方が効果的なのではないか?」という議論がなされているのではないでしょうか。

実際に、海外では体毛を自毛植毛で頭皮に移植する薄毛治療が行われているようですが、日本では実施されておりません。その大きな理由は以下のようになっております。

・髪の毛と体毛では性質が大きく異なる
・頭皮と体毛が生えている皮膚が異なる
・毛の生え方や伸び方が大きく異なる
・ヘアサイクルの期間が異なる

上記のような問題点があるため、体毛移植を実用化するのは非常に難しいのです。

どの部分の体毛かによって違いはありますが、「密度が低い」「生えている角度が浅い」「生えている向きがバラバラ」という特徴があります。

このような体毛を頭皮に植え付けて仮にフサフサの状態になったとしても、違和感の残る髪型になるので薄毛の根本的な改善には繋がりにくいのです。

「あの人は髪型がおかしい」「何で縮れ毛と直毛が混ざっているの?」と周囲の人間に思われてしまっては全く意味がありません。

頭皮の薄くなった部分を上手くカモフラージュしながらムダ毛の処理も同時に行える手術だと考えるかもしれませんが、自毛植毛でドナーとして使用できるのは後頭部や側頭部の毛髪だけなのです。

オーストラリアやシドニーのクリニックでは体毛移植が行われており、1,200本で70万円程度だととあるサイトに記載されておりました。

しかし、手術費用だけではなく渡航費用や滞在費用、通訳費用なども支払わなければならず、日本の自毛植毛のように劇的な変化は得られないのでおすすめできないのです。

自毛植毛で移植できる本数には限度がありますが、日本人の頭皮ならば10,000本~12,000本までは移植できます。

数多くのAGA治療の中でも根本的に薄毛を克服できる画期的な方法なので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の部分