薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

おでこの自毛植毛

      2015/12/15

「生まれつきおでこが広い」「AGAによる薄毛の症状が悪化して生え際が後退しておでこが広くなった」と悩んでいる男性はいらっしゃいます。

生え際が後退しておでこが広くなるのはAGAの典型的な症状の一つで、コンプレックスの一つになるのは間違いありません。

前頭部は血行不良が生じやすい場所の一つで、育毛剤を使用していても高い発毛効果を得られないケースが多いため、クリニックで自毛植毛を受けるのは選択肢の一つです。

元々髪の毛が生えていない場所に新しい毛髪を生やせる薄毛治療は自毛植毛だけで、一度クリニックで手術を受ければ半永久的な効果が得られます。

自毛植毛で使用する後頭部や側頭部といった部位の毛髪は、脱毛を促す物質のDHT(ジヒドロテストステロン)と結合するレセプターが存在せず、前頭部に移植しても抜けたり生えたりというヘアサイクルを繰り返してくれるのです。

つまり、生え際の後退を防いでおでこを狭くできるので、根本的な改善を目指すために自毛植毛を受ける男性が少しずつ増えているのではないでしょうか。

M字部分の修正ならば頭頂部と比較して少ない本数で済み、費用は30万円から100万円程度が相場となっております。

保険が適用されない薄毛治療なので高いのは間違いありませんが、一生涯に渡って内服薬や外用薬を使わなくて済むのが利点なのです。

どの程度の本数を移植すればおでこの広がりを防げるのか知るためにも、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、おでこは人と出会って話す際に必ず見える場所ですし、生え際の後退が進行していると確実に老けて見られます。

「少しでも若々しい状態を保ちたい」「薄毛を克服して堂々と過ごしたい」と考えているのならば、専門のクリニックで自毛植毛を受けてみるべきです。

ただし、額の生え際はM字型(富士額)になっており、あまりにも直線にし過ぎると不自然なイメージになってしまうかもしれません。

特に、生え際のヘアラインは産毛と太い毛が入り混じっており、単純に髪の毛を増やしてボリュームアップさせれば良いという話ではないのです。

違和感の残る髪型になれば当然のように薄毛の根本的な改善には繋がらないため、経験が豊富で実績のあるクリニックで自毛植毛を受けましょう。

もちろん、生え際部分だけではなく頭頂部の移植にも同じことが言えるので、信頼できる名医やクリニックを探してみてください。

 - 自毛植毛の部分