薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛でM字ハゲを治療しよう

      2015/12/15

生え際の両端部分が年齢を重ねるにつれて後退してくるAGAの症状の一つがM字型ハゲで、この状態に陥っている男性は数多くいらっしゃいます。

「生え際が後退してM字に薄毛が広がる」「頭頂部が薄くなってO字に薄毛が広がる」「生え際と頭頂部の両方が薄くなる」と、男性のAGAはこの3つのパターンに大きく分類できるのです。

その中でも、M字ハゲは育毛剤を使った通常の薄毛治療では回復しにくく、現状維持どころか次第に後退していくことも考えられるため、根本的に解決するために自毛植毛を受けるのは選択肢の一つかもしれません。

ハゲにくい性質を持つ後頭部や側頭部の髪の毛を移植するのがクリニックで実施されている自毛植毛で、一度手術を受ければ生涯に渡って生え続けてくれます。

M字型の薄毛ならばそこまで範囲が広くないため、他の部位と比べて安価で施術を受けられるのです。

M字ハゲの初期(65万円前後):FUT法で500グラフト、FUE法で385グラフト
M字ハゲの後期(130万円前後):FUT法で1500グラフト、FUE法で1150グラフト

生え際のちょこっとした後退を改善する程度ならば、保険の適用されない自毛植毛でも50万円以下の費用で受けられます。

「何年間に渡って育毛剤を使ってもM字ハゲが回復しない」「生活習慣を改善しても効果が出ない」という男性は、思い切って自毛植毛を受けてみるべきです。

施術後のメンテナンスや再手術は不要で、ランニングコストがかからないので他の薄毛治療よりも実は経済的なのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでもM字ハゲを根本的に克服できる自毛植毛が実施されているので、どの程度の本数の移植が必要なのか専門医に伺ってみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、M字型のハゲにしてもO字型のハゲにしても、まずはプロペシアやミノキシジルといった治療薬の使用を考える男性が多いはずです。

自毛植毛よりも手っ取り早いですし、お手頃な費用で薄毛の治療を始められます。

しかし、M字部分は特に血行不良が引き起こされやすく、尚且つ男性ホルモン以外にもストレスや睡眠不足、タバコや食生活の乱れといった複数の要因が絡んで薄毛を引き起こしているのです。

その影響で普通の対策では思うような変化が得られないかもしれないので、M字ハゲを治すために自毛植毛を選択している男性は少しずつ増えているのではないでしょうか。

確かに、プロペシアやミノキシジルならばセットで処方してもらっても、1ヶ月当たり15,000円程度で済みます。

それでも、使い続けなければ効果は実感できず、使用を中止すればAGAの進行を抑えられなくなって症状は悪化するのです。

・生え際が明らかに後退している
・昔よりもおでこが広くなった
・前髪がまばらになったような気がする
・前髪に細くて弱い産毛のような髪の毛が増えた

上記のような症状で悩む男性はAGAによってM字ハゲが進行している可能性が高いので、自毛植毛を考慮してみるべきです。

ただし、自毛植毛ではM字部分にピンポイントで移植できますが、「ヘアラインをどの程度下げるのか?」「生え際をどのような形にするのか?」「植え込む向きはどうするのか?」といった点に注意が必要となります。

ただ毛髪を増やすだけでは自然な髪型を手に入れることはできず、デザイン面を考慮しないと仕上がりが不自然になるので、自毛植毛を受ける前に専門医と良く話し合ってみてください。

 - 自毛植毛の部分