薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と眉毛

      2015/12/15

自毛植毛は必ずしも「頭皮⇒頭皮」という移植をしなければならないわけではなく、「頭皮⇒眉毛」という処置をクリニックで受けることもできます。

さすがに、眉毛は圧倒的に細くて短い毛しかなく、直ぐに抜け落ちてしまうので頭皮へと移植することはできません。

しかし、何かしらの理由で眉毛の一部分を失い、生えてこないという状態ならば、自毛植毛で髪の毛を移植して復活させられるのです。

・生まれつき眉毛が薄くて強面に見られてしまう
・外傷やレーザー治療で眉毛の欠損が生じてしまった
・円形脱毛症で長い間生えてこない状態が続いた
・毛抜きによる処置を続けていたら生えてこなくなった

上記のような悩みを抱えている方は男性にも女性にもいらっしゃるはずです。眉毛や髭は顔の中でも重要なポイントで、一部分が欠損しているだけでも全体的なイメージは悪くなります。

ミディアムヘアやロングヘアの人は髪型で眉毛を隠せるかもしれませんが、ショートヘアの男性では難しいのではないでしょうか。

それに、一時的に隠しているだけでは根本的な改善には繋がらないため、自分の後頭部や側頭部の毛髪を眉毛に移植する自毛植毛が注目を集めているのです。

「太くて凛々しい眉毛が欲しい」「細くてシャープな眉毛にしたい」など、個人の要望に合わせて処置を施してくれますし、「足りない部分を補いたい」といった人にも適しております。

眉毛の自毛植毛では大よそ200本から600本程度の移植で済むため、頭皮への移植と比べて費用が安く済むのが大きなメリットかもしれません。

紀尾井町クリニックでは実際に眉毛への手術も実施されており、50本で27万円、100本で32万円、300本で54万円、400本で64万円という料金設定でした。

どの程度の濃さを得たいのかによって異なるものの、眉毛への自毛植毛で100万円以上を費やすケースは少ないはずです。

技術力の高い医師が在籍しているクリニックで処置を受ければ、植え付けの方向や角度に気を配ってくれるので、自然で違和感のない眉毛を手に入れることができます。

内側の眉毛は上へ向かって生えており、中ほどからは眉尻に向かって平行に伸びているため、なるべく寝かせて移植するように心掛けなければならないのです。

もちろん、頭皮への自毛植毛にも同じことが言えますが、満足のいく手術結果を得たいのならば信頼と実績を得ているクリニックに相談しましょう。

ただし、眉毛は一定の長さまでしか成長しないものの、ドナーとして使用した後頭部や側頭部は他の頭髪と同じように伸び続けるという性質があります。

そのため、眉毛へと自毛植毛を受けたら、定期的にカットして見た目のバランスを整えるようにしてください。

アイランドタワークリニックの公式サイトでは眉毛への自毛植毛に関する話は出ていなかったものの、患者さんの要望に応えてくれる医療機関なので、一度相談してみるべきです。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の部分