薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

広範囲に渡る薄毛を自毛植毛で治療しよう

      2015/12/15

前頭部から頭頂部へと繋がる広範囲の薄毛で悩まされているのならば、自毛植毛で治療するのが良いかもしれません。

一昔前は詐欺紛いの育毛剤などが多く、私たちはどのような方法で薄毛を治療すれば良いのか分かりませんでした。

しかし、近年ではプロペシアやミノキシジルなど医学的に効果が認められた育毛剤が登場しており、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもお墨付きなので安心して治療を進められます。

とは言え、プロペシアにしてもミノキシジルにしても、どちらかというと予防の側面が強いので広範囲に渡る薄毛の症状を回復させるのは意外と難しいのです。

抜け毛が進行し、頭皮の地肌が透けている状態で育毛剤を塗布していても大きな変化は得られないのではないでしょうか。

その点、自毛植毛ならば自分の後頭部や側頭部に生えている髪の毛を移植できるため、広範囲に渡って進行した薄毛でも根本的に治療できるというメリットがあります。

しかも、現在では一度に2,000グラフト(4,000本)を超える毛髪を一度に移植できるメガセッションによる自毛植毛がクリニックで受けられるようになりました。

実際に、クリニックで自毛植毛を受けた患者さんの写真を見てみると、広範囲に渡る薄毛でも劇的に回復できていることがお分かり頂けるはずです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでもメガセッションが取り入れられており、何よりも切らない自毛植毛を受けられるので、無料カウンセリングで詳しく説明を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、年齢を重ねてAGAによる抜け毛や薄毛の症状が進行し、頭頂部の地肌が見えたり生え際の後退が進行したりという男性でも、後頭部や側頭部の毛髪は残されているケースが多くなっております。

この部位の毛髪はAGAの元凶となるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくいのが大きな理由で、遺伝的に薄毛が進んでいる男性ほど自毛植毛は効果的な薄毛治療なのです。

「自分は広範囲に渡って薄毛が進行しているから後頭部や側頭部の毛髪だけではカバーし切れないのではないか?」という疑問を抱えるかもしれません。

しかし、後頭部の頭皮にゆとりがあれば13,000本程度の移植が可能で、5,000本から6,000本の髪の毛を植え付けるだけでも見た目のイメージは大きく変わります。

もちろん、自毛植毛で植え付ける本数が多ければ多いほど高額な費用がかかるので、ご自分の症状や予算を考慮して決めてください。

 - 自毛植毛の部分