薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

こめかみの自毛植毛

      2015/12/15

こめかみとは目尻と耳の上の間にある場所のことを指し、物を噛んだ時に動くところと説明するのが分かりやすいかもしれません。

こめかみは側頭部に位置するのでAGAの影響を受けにくく、薄毛で悩まされるケースは少ないはずです。

基本的にAGAを発症した男性は、頭頂部や生え際といった部位の抜け毛や薄毛といった症状で悩まされます。

そのため、頭頂部や生え際の薄毛を治療するために自毛植毛を受けることはあっても、こめかみ付近の薄毛が進行することはないのです。

これは、「ヘアサイクルを狂わせて成長期を短くする」「毛髪を作っている毛母細胞の働きを弱める」といった作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関係しております。

AGAを発症すると、男性ホルモンと酵素の5αリダクターゼが結び付き、テストステロンの約10倍から30倍の作用を持つDHTが産生されて薄毛の症状が進んでいくのです。

一方で、頭の後ろの後頭部やサイドのこめかみ付近はDHTの影響を受けにくいため、自毛植毛のドナーとして活用されております。

年齢を重ねても生え続ける場所の毛髪を薄くなった部位へと移動させる手術が自毛植毛ということで、非常に理に適っている薄毛治療だと言えるのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックは自毛植毛専門のクリニックで、国内でナンバーワンのシェア率を誇っております。

高度な医療環境で患者さんが満足できる治療を提供しているので、薄毛で悩んでいる方はアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記でも説明したように、こめかみ部分は頭頂部や前頭部といった場所と比べると、抜け毛や薄毛の症状が引き起こされにくくなっております。

それでも、「偏った食生活を送っている」「精神的なストレスを多く感じている」という人は、毛髪の成長が阻害されてこめかみの薄毛で悩まされるかもしれません。

肩こりや首こり、眼精疲労による血行不良も薄毛の進行の大きな原因で、乱れた生活習慣によって悪化しやすいので十分に注意しなければならないのです。

オウゴンエキスやヒオウギエキスといった成分が含まれた育毛剤を塗布し、髪の毛の大部分を占めているケラチンを生成するために欠かせない亜鉛の摂取を心掛けていれば薄毛の対策に繋がります。

しかし、薄毛を根本的に改善できるような方法ではないので、こめかみ部分の薄毛が気になるのならば、後頭部の自分の髪の毛を移植する自毛植毛をクリニックで受けてみましょう。

 - 自毛植毛の部分