薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と陰毛・アンダーヘア

      2015/12/15

個人の体質や怪我により、陰毛がなくなってしまったと悩みを抱えている人は少なからずいらっしゃいます。

確かに、アンダーヘアが綺麗に生えていないだけで自信を失い、「異性の前で裸になれない」というコンプレックスを抱えるのは決して珍しい話ではないのです。

プロペシアを服用しても直接的に陰毛が生えてくるわけではありませんし、育毛剤を使用するのも無理があるので、自毛植毛をクリニックで受けるのは選択肢の一つかもしれません。

デリケートな部位なので、「本当に安全に手術を受けられるのか?」という疑問が浮かび上がります。

しかし、自毛植毛は自分の頭髪を移植する手術なので拒絶反応のリスクは一切ありませんし、陰部周辺に髪の毛を持ってきて形を整えることは十分にできるのです。

頭皮への移植と比較してみると、アンダーヘアへの自毛植毛の件数や症例数は圧倒的に少ないものの、一般的な目安としては300本から800本程度を植えつければ満足のいく仕上がりになります。

頭部とは違って毛の密度を高くするのではなく、本来の陰部の状態を再現するためにまばらに植え付けなければならず、自然に仕上げるためには技術力の高い医師に任せなければならないと頭に入れておくべきです。

いずれにしても、「頭皮⇒頭皮」だけではなく、「頭皮⇒陰部」という手術も自毛植毛は可能なので、長年に渡って抱え続けてきたコンプレックスを解消できるのではないでしょうか。

ただし、「全ての医療機関でアンダーヘアの自毛植毛を受けられるわけではない」「移植した毛は伸び続けるので定期的にカットしなければならない」という点に注意が必要です。

また、「髪の毛から陰部への移植ではなく、陰毛を頭部へと植え付けることはできるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

陰毛は人目に晒されることはありませんし、「アンダーヘアが少ないよりも頭髪が少ない方が嫌だ」と考える男性の方が圧倒的に多いはずです。

逆のパターンが不可能というわけではありませんが、元々の性質を引き継ぐので当然のように頭皮から生える毛も陰毛と同じように縮れてしまいます。

しかも、アンダーヘアは成長期が30%、休止期が70%と多くの期間は抜けている状態で、頭皮に定着しても半永久的に生え続けるわけではありません。

これでは薄毛の根本的な改善には至らないため、陰毛を自毛植毛で頭部に植え付けるのは現実的に難しいのです。

後頭部や側頭部に髪の毛が残っていればクリニックで自毛植毛を受けられるので、まずは専門医に一度相談してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛の部分