薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛と髭

      2015/12/15

自毛植毛は自分の毛包を移植できる手術で、一般的に後頭部や側頭部の毛髪をドナーとして採取し、薄毛が引き起こされやすい頭頂部や生え際へと植え付けていきます。

しかし、頭部から頭部への移植だけではなく、髭へと自毛植毛で植え付けることも十分に可能です。

「もっと髭を濃くしてダンディーなイメージになりたい」「モミアゲが薄くて困っている」と悩みを抱えている男性は少なくありません。

体質的なものなので毎日産毛を剃っていても、髭を著しく濃くすることはできないはずです。

そんな時に適した方法が自毛植毛で、同じように後頭部や側頭部からドナーを採取し、顎近辺へと移植していきます。

髭は顔の印象を決定付ける重要なポイントなので、欲しい部分へと植え付けて髭を増やすことはできるのです。

個人の要望に合わせて密度を濃くしたり形状を変えたりできますし、口周りの傷跡を隠すために自毛植毛で髭を増やすのも効果的なのではないでしょうか。

ただし、頭頂部や前頭部への移植とは異なり、髭へと自毛植毛を行う場合は以下のような弊害があります。

・元々の髭と毛髪とでは生えるスピードに違いがあるので定期的にデザインを整えなければならない
・頭皮以上に危険な場所なので術後に激しい痛みを伴う場合がある
・移植した部位に多少の傷跡が残るため、薄くなるまでに時間がかかる
・自毛植毛を行っている全てのクリニックで髭への植毛に対応しているわけではない

植毛先進国のアメリカでは既に髭への自毛植毛が主流となっているようですが、日本では症例数が少ないというデメリットもあります。

基本的には頭髪から頭髪へと移植する手術ですし、髭への自毛植毛が受けられるクリニックは全国的に見ても少ないのです。

それでも、髭を濃くしたり長くしたりする有効な手段は他にはないため、自毛植毛を受けられるクリニックを探してみるのは良いかもしれません。

髭を増やすには男性ホルモンの働きを活性化させなければならず、動物性タンパク質を多く含む食べ物が効果的だと言われております。

しかし、目に見えるような変化を得るのは困難ですし、ホルモン療法やサプリメントには副作用や後遺症といったリスクがあるため、確実に生やしたいのならば自毛植毛が良いのです。

当サイトではご紹介しておりませんが、紀尾井町クリニックでは眉毛や髭への自毛植毛を行っているので、一度無料カウンセリングを受けて話を伺ってみてください。

 - 自毛植毛の部分