薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後の仕事

      2015/12/15

自毛植毛を受ける年代は30代から40代の男性が多く、AGAを発症して抜け毛や薄毛の症状が進行しやすい時期なので当然かもしれません。

この年代の男性は働き盛りですし、自毛植毛を受けた後にどのくらいの期間で仕事に戻れるのか気になるはずです。

お仕事の内容によって異なるので一概には説明できないものの、自毛植毛を受けた後は頭皮に毛髪が定着するかどうかの大事な時期なので、日常生活を送る上で幾つかの制約があります。

特に、術後数日間は激しい運動は避けなければならないので、工事現場で動き回ったり力仕事がメインの男性は、数日間はお休みを頂いた方が良いでしょう。

激しい運動で毛髪の定着率が下がる可能性が高いですし、頭皮に汗をかけば不衛生な状態となって雑菌が繁殖しやすくなるので、自毛植毛後は安静に過ごす必要があります。

とは言え、肉体労働がメインの人でも自毛植毛を受けて翌日から3日間くらい休めば仕事に復帰できますし、土日や有給休暇を使えば上手く調整できるはずです。

このようなサラリーマンのことを考え、自毛植毛を実施しているクリニックの多くは休診日が少なく、土日やお盆、ゴールデンウィークといった長い休みを利用して手術を受けられます。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでも、1月1日の元旦以外は基本的に診療を受けられるので、お仕事で忙しい男性も薄毛を改善するために自毛植毛を利用してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛は大掛かりな手術というわけではなく、日帰りで行うことができる手軽な薄毛治療となっております。

「自分の髪の毛を移植する」と聞くと、大層な手術を頭でイメージするかもしれません。

しかし、午前中にクリニックを訪れて術前に担当医と打ち合わせを行い、途中で数回の休憩を挟んで夕方直ぐには帰宅できるのです。

上記では、肉体労働がメインの人は、念のために術後3日間程度は仕事をお休みした方が良いと説明しました。

一方で、オフィスでのデスクワークや事務職が中心の人ならば、手術の翌日から復帰できます。

身体を激しく動かさなければ頭皮の定着率に悪影響が及ぶことはありませんし、パソコンをカタカタといじっているだけならば特に問題はないのです。

とは言え、自毛植毛を受けて終わりというわけではなく、包帯を外したり術後の経過を見るために翌日にクリニックを訪れなければならないので、デスクワークの仕事をしている方も翌日はお休みをもらってください。

 - 自毛植毛後のアフターケア