薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後のシャンプー

      2015/12/15

自毛植毛後の洗髪というページでは、自毛植毛の手術をクリニックで受けた後に、自宅での髪の毛の洗い方に注意が必要だと記載しました。

頭皮への定着率を高めるには洗髪方法だけではなく、シャンプー剤の種類にも気を配らなければなりません。

日常生活において男性ならば特にシャンプー剤を適当に選んでいるケースが多く、スーパーやコンビニ、ドラッグストアで目に止まったものを購入しているはずです。

市販で販売されているシャンプー剤はそこまで価格に違いはないですし、どれも似たようなパッケージなので気分で選ぶ人もいらっしゃいます。

しかし、市販の製品の中にはラウレス硫酸ナトリウムやラウリル硫酸ナトリウムといった強い洗浄力の成分が配合されており、頭皮や髪の毛にダメージが加わるので自毛植毛後には適していないのです。

確かに、これらの成分は強力な洗浄力を持っているため、頭皮に残った皮脂や髪の毛に付着したホコリを綺麗に落としてくれます。

それでも、頭皮に潤いを与えている大事な皮脂まで洗い落としてしまうため、自毛植毛を受けてから2週間程度は低刺激で無添加のベビーシャンプーを使いましょう。

適度な洗浄力で肌に優しい成分が配合されたアミノ酸系のシャンプー剤を使うのも選択肢の一つです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでも、髪の毛の洗い方に関する指導を受けるはずなので、薄毛を克服するためにも医師の指示に従うようにしてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、「低刺激」「無添加」「アミノ酸系」というシャンプー剤を使えば、頭皮や髪の毛への刺激を最小限に抑えられます。

市販で販売されている高級アルコール系のシャンプー剤は、自毛植毛を受けた直後には適さないと心得ておくべきです。

また、「シャンプーは術後2日目から使用する」「術後4日目から5日目まではシャンプーを薄めたお湯をスプレーで頭皮に吹きかける」「術後2週間まではスポンジを使って優しく押し洗いを行う」という点も心得ておきましょう。

2週間が経過すれば自毛植毛で移植した毛髪は完全に頭皮へと定着しているので、今まで使用していたシャンプー剤に戻せます。

しかし、自毛植毛後に限らず、抜け毛や薄毛を予防したいのならば高級アルコール系のシャンプー剤はできる限り避けた方が良いかもしれません。

「費用が安い」「直ぐに泡立つ」「直ぐにサラサラになる」という点を市販の製品は重視しており、石油系界面活性剤やAES系合成界面活性剤が頭皮環境を悪化させているのです。

通販では、洗浄力の弱い製品や、同時に潤いを与えて保湿まで行えるシャンプーが登場しているので、自分に合いそうなものを探して実際に使ってみてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア