薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後のメンテナンス

      2015/12/15

他の薄毛治療とは大きく異なり、自分の髪の毛を移植する自毛植毛は基本的にメンテナンスの必要がありません。

それは、一度移植すれば半永久的に髪の毛が生え続けてくれるからで、AGAによる影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪をドナーとして利用するのが大きな理由です。

他の薄毛治療を受ける場合、以下のように定期的なメンテナンスが必要となります。

男性ホルモンを抑えるプロペシアの服用⇒飲み続けている間だけ効果が期待できる
発毛を促すミノキシジルの育毛剤⇒頭皮に塗布し続けることで効果が期待できる
人工毛植毛⇒自然と数年後には抜け落ちるので定期的にクリニックでの再手術が必要

このように、投薬治療でも人工毛植毛でもメンテナンスが欠かせないのですが、自毛植毛ならば一度クリニックで手術を受けるだけで済みます。

投薬治療ならば1ヶ月に1回、人工毛植毛ならば半年間から1年間に1回のペースで通院し、処置を受けなければなりません。

その点、自毛植毛は包帯の交換や傷口のチェック、抜糸のために数回の通院をすれば良いだけなので、数多くの薄毛治療の中でも高い支持を得ているのです。

もちろん、自毛植毛で頭頂部の薄毛を克服できても、年齢を重ねることでAGAの症状が悪化して前頭部の薄毛で悩まされる可能性は十分にあるので、場合によってはプロペシアやミノキシジルが必要となるケースはあります。

それでも、手術を受けた部位に関してはメンテナンスは要らないので、薄毛を根本的に治療したいと考えている男性はアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、自毛植毛も人工毛植毛も同じような部類の薄毛手術だと考えている人は多いかもしれませんが、自毛を移植するのと人工毛を移植するのとでは意味合いが大きく異なります。

人工毛植毛は異物を頭皮へと植え付ける形となるため、半年間程度が経過すると、ボロボロと抜け落ちてしまうのです。

近年では医療の発達により、抜け落ちるまでの期間を長くできるようになりました。

それでも、自毛植毛のように半永久的な効果が得られるわけではないので、定期的なメンテナンスを行わなければならないのです。

植え付ける度に高額な費用がかかるので、トータルの費用は圧倒的に人工毛植毛の方が高くなりますし、拒絶反応による炎症や化膿といったリスクのある手術なので絶対に受けてはいけません。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで推奨されている植毛手術は、危険性の高い人工毛植毛ではなくメンテナンス不要の自毛植毛なのです。

ただし、メンテナンスが要らないと言っても、術後の過ごし方には幾つかの制約があります。

「数日間は激しい運動を避ける」「飲酒や喫煙は控える」「2週間までは優しく髪の毛を洗う」など、正しいアフターケアを行わなければならないので、詳細は手術を受けたクリニックの医師に伺ってみてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア