薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後も髪の毛を維持できるの?

      2015/12/15

自毛植毛はアフターケアの方法さえ間違っていなければ、現在の医療では95%以上頭皮に髪の毛が定着すると言われております。

定着すれば半永久的に抜けたり生えたりというヘアサイクルを繰り返してくれるため、今の髪の毛をずっと維持できるというわけです。

プロペシアを飲んで抜け毛を予防したり、ミノキシジルを使って発毛を促したりという薄毛対策の場合は高い維持費がかかります。

1ヶ月当たりの費用はそこまで高くありませんが、長期間に渡って支払い続けなければなりません。

その点、自毛植毛はクリニックで一度手術を受けるだけで良いので、維持費やメンテナンス費用が要らないという大きなメリットがあるのです。

「植毛手術」と聞くと、多くの方は人工毛を植え付ける人工毛植毛を頭でイメージするのではないでしょうか。

確かに、数十年前の日本では自毛植毛よりも人工毛植毛の方が頻繁に実施されておりました。

しかし、人工的に作られたものは経年劣化していきますし、拒絶反応による影響で数年後には抜け落ちるので定期的にメンテナンスが必要となります。

それに、人工毛自体は伸びないため、周囲の髪の毛が伸びる度に小まめにカットしなければならないのです。

トータルで見ると人工毛植毛は圧倒的に維持費が高く、尚且つ頭皮の炎症や化膿といったリスクもつきまとうため、受けるべきではないと言われているのではないでしょうか。

一方で自毛植毛は得られる効果だけではなく安全性の高さもウリなので、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックで受けて薄毛を克服してみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、プロペシアやミノキシジルだけではなく、カツラやウィッグも年月を重ねるにつれて劣化していくので維持費がかかります。

オーダーメイドで作成するカツラは想像以上に高いですし、メンテナンス費用を合わせれば自毛植毛よりもトータルで見て高いかもしれません。

自毛植毛は移植する本数によって異なりますが、1回の手術で100万円を超えることもあるので薄毛治療の選択肢に入れない方はいらっしゃいます。

確かに、一時の経済的な負担は大きいので躊躇する気持ちは分かりますが、維持費を考慮すればリーズナブルな薄毛治療なのです。

技術力の向上で評判の高いクリニックならば定着率は100%近い数値をたたき出しておりますし、何よりも安全性の高さが評価されております。

元々頭皮に生えていた髪の毛と同じケアを行っていけば良いので、AGAによる薄毛を克服するために手術を受けてみてはいかがでしょうか。

 - 自毛植毛後のアフターケア