薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後のふりかけ

      2015/12/15

薄毛やハゲを隠す方法の一つがふりかけで、増毛パウダーとも呼ばれております。

髪の毛にふりかける黒い粉はスーパーミリオンヘアーやナチュラー(Naturer)など様々な製品が登場しており、自毛植毛を受けた後にも役立つグッズなのです。

自毛植毛を受けると、髪の毛を移植した部分にかさぶたが形成されやすくなります。

FUT法でもFUE法でも手術の際は出血が生じますし、その影響でかさぶたが形成され、ショートヘアの男性ほど目立つ可能性があるのです。

ロングヘアの男性ならば上手く髪型で誤魔化せるかもしれませんが、毛髪が短い男性はそうはいかないのでふりかけ(増毛パウダー)を使ってみてはいかがでしょうか。

基本的にスプレータイプとして販売されている製品が多く、特殊樹脂が髪の毛1本1本に付着することで太く長く見せられます。

私たちの髪の毛を構成しているタンパク質の一種のケラチンでふりかけは作られているので、自毛植毛後のデリケートな状態で使っても特に悪影響はありません。

液体状の製品は頭皮にしみ込むので避けた方が良いかもしれませんが、スプレータイプの製品ならば頭皮や髪の毛に負担を加えることなく使用できます。

自毛植毛を受けるために高額の費用を支払っているのにも関わらず、更にカツラやウィッグをオーダーメイドで作成するのは金銭的な負担が大きいはずです。

そこで役立つのがふりかけで、自毛があれば髪の毛をコーティングして脱毛部分を隠してくれるため、頭皮に形成されたかさぶただけではなく刈り上げた後頭部のカモフラージュにも最適なのではないでしょうか。

ただし、ふりかけや増毛パウダーを使う上で幾つかの注意点があります。

・雨が降った際に使うと水で濡れて取れる可能性がある
・周囲の人間にバレないように自然に仕上げるにはコツがいる
・隠す箇所の自毛が少な過ぎると不自然な仕上がりになる
・頭皮にも付着するので1日の終わりにシャンプーで綺麗に洗い流さなければならない
・粉がいつまでも残っていると毛穴を塞いで毛髪の成長を妨げる
・ガチガチに固めていると頭皮が呼吸できなくなる
・念入りに洗わなければと洗髪の回数を増やしていると、頭皮の健康を守っている皮脂まで取り除かれて環境が悪化する

上記のような弊害があるため、長期間に渡って使い続けるのではなく、「自毛植毛によるかさぶたが剥がれるまで」と決めておいた方が良いでしょう。

いくら髪の毛と同じ成分で構成されていても、異物を頭部に吹きかけている点では変わりないのです。

余計なダメージを加えないためにも、正しい使い方を心掛けておかなければなりません。

通販では2,000円から3,000円程度と安い価格で販売されているので、気軽に手に入れることができます。

しかし、自毛植毛後は特に髪の毛の洗い方に注意しなければならず、ふりかけの粉を取るためにゴシゴシと擦るような真似はやめてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

 - 自毛植毛後のアフターケア