薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

自毛植毛後のダウンタイム

      2015/12/15

美容整形や病気のための手術など、術後に日常生活を送れるようになるまでの期間のことをダウンタイムと呼びます。

ダウンタイムの期間は施術によって大きく異なり、メスを使用する美容整形では腫れや痛みが生じやすいため、今までの生活を送れるようになるまでの期間が長くなるのです。

近年になって実施されている自毛植毛はメスを使用しないFUE法がメインで、術後のダウンタイムが短いという特徴があります。

FUE法による自毛植毛ならば後頭部にメスを入れてドナーを採取したり、術後に縫合したりという処置は行わないので、ダウンタイムを最小限に抑えられるのです。

もちろん、身体に引き起こされる症状は個人の体質や移植の本数にもよって違いが生じるため、明らかに目立つ腫れが消えるまでに時間がかかるかもしれません。

それでも、顔ではなく髪の毛で隠れている頭皮に処置を行うのが自毛植毛なので、かさぶたや赤みといった症状を上手くカモフラージュすることはできます。

身体に負担の加わるような手術ではないので、2日後や3日後から今までと同じように生活したり仕事したりできるはずです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでは、FUE法を更に進化させて定着率を高めたダイレクト法による自毛植毛が実施されております。

技術力の高い医師による安全な手術が受けられるので、AGAによる薄毛を治療したいという男性はアイランドタワークリニックで自毛植毛を受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、美容整形よりも負担の少ない自毛植毛でも、ダウンタイムのことを知らずに手術を受けると治療後のスケジュールに支障が生じる可能性があります。

評判の高いクリニックならば当然のように実施されているかもしれませんが、施術を受ける前に医師と話し合って治療のスケジュールを立てなければならないのです。

また、ダウンタイムに関する内容だけではなく、術後の過ごし方に関しても詳しく伺っておいた方が良いでしょう。

自毛植毛では手術を受けて終わりではなく、移植した毛髪が頭皮へと完全に定着するまでにはある程度の期間がかかります。

その大事な期間内に間違ったアフターケアを行っていると頭皮に定着せず、「植え付けた毛髪が生えてこない」というトラブルに繋がりやすいのです。

このサイトでも術後の注意点に関しては詳しく説明しておりますが、担当医からのアドバイスもしっかりと聞き入れるようにしてください。

 - 自毛植毛後のアフターケア