薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

東京ビューティークリニックで初期脱毛は引き起こされるの?

   

東京ビューティークリニックで薄毛の治療を受け、初期脱毛が引き起こされるのかどうか疑問を抱えている女性は多くいらっしゃいます。

治療を始めてから数週間から1ヶ月程度が経った後に一時的に抜け毛の量が増える症状を初期脱毛と呼び、薄毛治療を受けて悩まされたというケースは珍しくありません。

東京ビューティークリニックで実施されている治療でも初期脱毛のリスクは少なからずあり、「治療をして髪の毛が増えるどころか減るなんてあり得ない」と考えるはずです。

しかし、この初期脱毛は女性の薄毛治療薬だけではなくAGAの治療薬のプロペシアやミノタブにも該当する話で、約8割~9割の方が経験しております。

確かに、正常な状態ならば1日の抜け毛の本数は50本~100本程度ですが、薄毛治療を始めて初期脱毛が起こると150本~200本と多くなり、「400本も抜け落ちてしまった」という意見も見られました。

これは薄毛の症状が悪化しているわけではなく、治療の効果によって髪の毛を作っている毛母細胞が元気になり、元々の弱々しい休止期の毛髪が一気に抜け落ちているに過ぎないのです。

つまり、初期脱毛による抜け毛はいずれは数ヵ月後に抜けており、その毛髪がゆっくりではなく一度に抜けてしまうので症状が悪化したと勘違いしてしまうのではないでしょうか。

「初期脱毛が引き起こされる=治療効果が出ている」と考えられるので、そのまま東京ビューティークリニックで処置を続けていけば症状の改善を図ることができます。

東京ビューティークリニックでは初めて受診する女性のために無料カウンセリングが設けられているので、一度気軽に足を運んでみてください。
 

>>> 東京ビューティークリニックの無料カウンセリングはこちら

 
さて、上記では薄毛治療によって初期脱毛が引き起こされるメカニズムについて説明致しました。

男性にしても女性にしても、「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルを繰り返しております。

薄毛で悩んでいない方でもこのヘアサイクルを繰り返しており、休止期に至った髪の毛は軽く頭を触ったりシャンプーしたりという些細な刺激で抜け落ちてしまうのです。

これは自然現象なので食い止めることはできませんし、仮に抜け落ちても毛根では新しい髪の毛が作られております。

初期脱毛を恐れて治療を中止すると症状の根本的な改善には繋がらないので、東京ビューティークリニックで治療を続けるべきです。

恐らく、東京ビューティークリニックの医師からも初期脱毛に関する説明を受けるはずですし、用法や用量を守って医薬品を服用していれば問題はありません。

発毛相談者数は何と11万人を越えている有名な医療機関なので、薄毛で悩んでいる女性におすすめです。

 - 東京ビューティークリニック