薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

東京ビューティークリニックで処方される薬の副作用

   

東京ビューティークリニックでは医薬品を使った女性の薄毛治療が実施されており、個人の体質によっては副作用が引き起こされることがあります。

これは内服薬や外用薬を使って薄毛治療を行う以上は仕方がなく、ある程度の症状は覚悟しておかなければなりません。

しかし、東京ビューティークリニックで処方されているパントガールにしてもRebirth Lady(リバースレディ)にしても、女性が使用する目的で開発されました。

男性が使用するAGA治療薬のプロペシアは女性が服用することはできず、妊娠中の女性の体内に成分が入り込むと胎児の生殖器の発育に悪影響が生じるという副作用があります。

その点、他の医薬品に関しては非常に安全性が高く、専門医が指示する用法や用量を守って服用していれば安全に薄毛の治療に結び付けられるはずです。

特に、東京ビューティークリニックの目玉の治療がオリジナル発毛薬のRebirth Lady(リバースレディ)で、内服薬と外用薬の両方を使って対処していきます。

内服薬(タブレット)⇒身体の内側から発毛しやすい環境を整える
外用薬(リキッド)⇒直接毛根へと働きかけて発毛を促進する

どちらも女性が使用することを前提として作られているので、他の治療薬と比べて副作用のリスクは低いのです。

健康食品のような形で摂取できるパントガールや医療用シャンプーの処方も実施されているので、安全に薄毛の治療を受けたいという女性は東京ビューティークリニックを訪れてみてください。
 

>>> 東京ビューティークリニックの無料カウンセリングはこちら

 
さて、女性が引き起こす薄毛は男性のAGAとは異なり、症状が一気に加速することはありません。

頭頂部や前頭部の薄毛が一気に進行するのではなく、頭皮全体のボリュームがなくなったり髪の毛が細くなったりという症状が一般的です。

そのため、副作用のリスクが高いミノキシジルが含まれた育毛剤や、内服薬のミノキシジルタブレットの服用は避けた方が良いでしょう。

これらの治療薬はAGAで悩む男性が使用しており、病院での処方だけではなくネット通販の個人輸入代行業者で簡単に入手できるようになりました。

プロペシアのように女性の服用が禁じられているわけではないものの、「頭皮の痒み」「頭皮の炎症」「倦怠感」「多毛症」「眠気」など様々な副作用があります。

リスクを負わなくても抜け毛や薄毛の症状を和らげることは十分にできるので、東京ビューティークリニックで処方されている治療薬を服用して症状の改善を図ってみてください。

 - 東京ビューティークリニック