薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAのタイプ

   

AGAを発症した男性は皆が同じような経緯を辿って薄毛へと誘われていくのではなく、複数のタイプに分けることができます。

自分がどのタイプに属し、どのように薄毛の症状が悪化していくのかは実際に引き起こされてみなければ分かりません。

抜け毛の本数や薄毛の進行スピードには個人差があるものの、AGA(男性型脱毛症)は以下の3種類のタイプに大きく分けることができます。

・頭のてっぺんのつむじ付近から進行していくO字型のタイプ
・額の生え際から後退しておでこが広がるM字型のタイプ
・前頭部から髪の毛が薄くなっていくA字型(U字型)のタイプ

AGAの進行パターンはハミルトン・ノーウッド分類によって分けられており、上記の3種類のタイプが大まかな目安となっております。

O字型ハゲにしてもM字型ハゲにしても、年齢を重ねるにつれて症状が悪化していく点では一緒です。

一度AGAを発症すると自然と解消することは100%なく、「前頭部から薄毛が進む」「頭頂部から薄毛が進む」と時間をかけてゆっくりと頭髪に変化が生じます。

男性によっては生え際と頭頂部の両方から薄毛が進行するケースもあり、最終的には後頭部と側頭部にしか毛髪が残されないのです。

AGAの脱毛部分にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度で見られ、この活性型男性ホルモンがヘアサイクルを狂わせたり毛母細胞の働きを弱めたりすることで抜け毛が増えていきます。

そのため、どのタイプの薄毛で悩んでいる男性でも、DHT(ジヒドロテストステロン)を減らすような対策や治療が大事だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

放置していれば前髪の後退のスピードは増しておでこは広くなり、頭頂部の脱毛タイプの男性もカッパのように変化していきます。

そこで、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運び、内服薬のプロペシアを服用するべきです。

DHTの産生を抑えられるAGAの画期的な治療薬なので、手遅れになる前に湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAを発症したら薄毛のタイプ別に分けられたハミルトン・ノーウッド分類を使用し、自分がどの段階なのか把握する必要があります。

放置していれば自然と治るような風邪とは大きく異なりますし、少しでも若々しい状態を維持したいのならば今の髪の毛を残したり新たな毛髪を増やしたりという努力が大事なのです。

そして、AGAの進捗状況によって適した薄毛治療も微妙に異なるため、自分がどのくらいの症状なのか把握するのは重要だとお分かり頂けるかもしれません。

その一つの目安が頭髪の密度で、「60%~100%の段階ならば自覚症状はない」「50%~60%まで減ると異変に気付き他人からも指摘される」「30%~40%では見た目に大きな変化が生じておりAGAが進行している証拠」という特徴があります。

つまり、頭皮のボリュームが明らかに減って他人から指摘されるレベルならば、AGAによる抜け毛や薄毛は確実に進んでいると自覚するべきです。

遺伝なので仕方がないと考えるかもしれませんが、現在では有効な治療法が幾つも登場しているので、諦めずに対策を練ってみてください。

 - AGAの特徴