薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGA治療を始めるタイミング

   

・AGA治療を始めるタイミングはいつがベストなの?
・AGA治療をやめるタイミングについて知りたい

上記のような悩みを抱えている男性は意外と多く、治療を行ったりやめたりするタイミングは非常に難しくなっております。

結論から言えば、AGAによる抜け毛や薄毛は命に関わる病気ではありませんし、放置していたとしても生活に支障が出ることはないため、治療のタイミングは個人の考え方次第なのです。

例えば、「自分は薄毛でも特に気にしない」と考えている男性ならば、無理に内服薬や外用薬を使って処置を受ける必要はありません。

年齢とともに髪の毛の量が減ったとしても快適な生活は送れますし、薄毛治療にかかる高額な費用を支払わずに済みます。

一方で、「少しでも若々しい状態を維持したい」と考えている男性は、自分の症状や体質に合わせたAGA治療を始めた方が良いでしょう。

「髪の毛が薄くなってきた」「生え際が後退してきた」と目に見える変化が生じた段階が治療のタイミングです。

「髪の毛が薄くなってきた段階で処置を行っても手遅れなのではないか?」と考えている男性は多いものの、決してそんなことはありません。

毛母細胞が活動していて毛髪の生え変わりのサイクルが残っている段階ならば改善の余地は十分にありますし、現状維持だけではなく今よりも発毛効果を得ることはできます。

毛母細胞の細胞分裂の回数が寿命を迎えると、細毛化して毛根自体が一生を終え、どんな薄毛治療でも発毛できなくなるので、AGA治療は早いタイミングで行った方が良いと言われているのです。

現在では投薬治療に加えて、育毛メソセラピーや自毛植毛など様々な選択肢があるので、治療を始めようと考えている男性は当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGA治療をやめるタイミングも個人の自由で、「○○歳まで続けなければならない」と決まっているわけではありません。

死ぬまでフサフサの状態で維持したいならば一生治療を続けなければなりませんし、50歳の段階で髪の毛を維持できて満足したのならば、そのタイミングでやめれば良いのです。

他の病気のように日常生活を快適に送るために絶対に治さなければならないわけではないので、治療を始めるのもやめるのも個人の自由だというのはお分かり頂けると思います。

「今までは1日に1錠のプロペシアを飲んでいたけど、これからは1日に半錠にしよう」と投薬の量を減らして身体への負担を少しでも抑えるのは選択肢の一つです。

今の自分にとってベストな方法を選択するために、専門医と良く話し合って今後の方針を決めてみてください。

 - AGAの特徴