薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの定義

   

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略称で、男性ホルモンの分泌量が活発になる思春期以降の男性が引き起こす脱毛症のことを指しております。

「○○○のようになれば絶対にAGA」と定義は特に決まっておらず、髪の毛が薄くなる症状を総称して使うケースが多いのです。

もちろん、薄毛の原因は必ずしもAGA(男性型脱毛症)というわけではなく、円形脱毛症やひこう性脱毛症、薬剤性脱毛症やびまん性脱毛症など様々な種類に分けられております。

しかし、中高年の男性が引き起こす薄毛の90%以上がAGAと言っても過言ではなく、決まった定義がなくても徐々に抜け毛が増えて薄毛が進行しているのならば、AGAを発症している可能性が高いと自覚しておいた方が良いでしょう。

また、以下のように自分の頭皮や頭髪に引き起こされている状態をチェックし、AGAを発症しているかどうか確かめるのも方法の一つです。

・うなじ頭頂部が脱毛してO字型ハゲが引き起こされている
・生え際が剃り込みを入れたように後退してM字型ハゲが進行している
・前頭部から頭頂部にかけて広い範囲に渡って脱毛している
・思春期以降に始まって少しずつ薄毛の症状が進行している
・硬くて太かった毛髪のコシがなくなって柔らかく細くなっている
・スタイリングで髪の毛が立ちにくくなった
・抜け落ちた毛髪の毛根が膨らんでいない

上記のような症状が引き起こされている男性は、AGAを発症していると定義できます。

AGAを発症するとテストステロンと酵素が結び付いてDHT(ジヒドロテストステロン)が産生され、この活性型男性ホルモンが毛母細胞にダメージを与えてヘアサイクルを狂わせるので、太く長く成長する前に抜け落ちてしまうのです。

後頭部や側頭部といった部位にはDHTが存在せず、頭頂部や前頭部に多く発生する特徴があるため、この部位が薄くなっているのならばAGAだと考えて良いかもしれません。

薄毛の進行パターンは男性によって大きく異なりますが、放置していると髪の毛を生成している毛母細胞にダメージが加わり続けるという点では一緒です。

つまり、進行すればするほど治療による効果が得られにくくなるため、「薄毛は早い段階から手を打った方が良い」と考えられているのではないでしょうか。

「○○○のような状態になったら手遅れ」と定義は特に決まっていないものの、毛髪が薄くなって毛根が死滅した状態では治療の選択肢は狭まります。

「薄毛の治療を行うのは恥ずかしい」という気持ちは十分に分かりますが、自然と完治するような症状ではないので当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックを訪れて適切な対策を練ってみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴