薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAのその後

   

AGA(男性型脱毛症)は一定期間に渡ってプロペシアやミノキシジルといった医薬品を服用して終わりというわけではなく、その後も使用し続けて治療しなければなりません。

これがAGAの最も厄介な部分で、治療を中止すれば抜け毛の本数は以前と同じ状態に戻り、薄毛は少しずつ進行していきます。

例えば、内服薬のプロペシアの場合は酵素の5αリダクターゼの働きを抑え、ヘアサイクルを狂わせて抜け毛を増やすDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防げるということで有名となりました。

テストステロンと酵素の5αリダクターゼによってDHTが産生され、毛乳頭のアンドロゲンレセプターで結合することでAGAが発症して抜け毛や薄毛を引き起こすのです。

そのため、AGAのメカニズムに焦点を当てたプロペシアは、治療として最適な方法なのではないでしょうか。

しかし、あくまでも薬の効果で一時的にDHTの産生を防いでいるに過ぎず、完全に消滅させることは不可能なので、服用を中止したその後は以前と同じ状態に戻って薄毛が進行するのです。

これはⅡ型の5αリダクターゼに作用するプロペシアだけではなく、Ⅰ型とⅡ型の両方に効き目があるザガーロにも同じことが言えます。

このように聞くと、「AGAを治療する意味は全くないのではないか?」という疑問を抱える男性が多いかもしれません。

その気持ちは大いに分かりますが、医薬品の服用でAGAの症状をストップさせられるのは事実ですし、何も対処しなければその後は次第に症状が悪化していくだけなのです。

約1ヶ月に1回のペースで通院して医薬品を医師から処方してもらい、飲み続けるのは大変なことだと言えます。

それでも、「抜け毛の本数を減らして薄毛を克服したい」「少しでも若々しい状態を維持したい」と考えている男性は、根気良くAGAの治療に取り組んでみるべきです。

もし、これから先も医薬品を使い続けることに不安を抱いているのならば、専門クリニックで自毛植毛手術を受けるのが選択肢の一つとなっております。

AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の髪の毛をドナーとして採取し、薄毛が引き起こされている部位に再分配する手術が自毛植毛です。

自毛植毛の手術を一度受ければ、その後も抜けたり新しく生えたりというサイクルを常に繰り返してくれるため、薄毛の症状を完全に克服できます。

保険が適用されないので1回の手術で高額な費用がかかるというデメリットがあるものの、一度手術を受ければメンテナンスの必要がないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴