薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの進行スピード

   

AGA(男性型脱毛症)は毛乳頭でテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付き、DHTが生成されることで抜け毛の量が増え、薄毛の症状が進行していきます。

この進行スピードに関しては個人差があるので一概には説明できないものの、基本的にゆっくりと進んでいく点では一緒です。

「最近になって髪の毛が薄くなってきたかも」と感じるきっかけはあっても、そのタイミングではしっかりと毛髪は残っております。

頭皮の一部分に脱毛が形成される円形脱毛症は突然引き起こされるため、これがAGAとの大きな違いなのではないでしょうか。

・頭頂部の抜け毛が増えてボリュームが低下していく
・生え際がアルファベットのMのように脱毛していく
・前頭部から頭頂部にかけて広く脱毛していく

AGAは上記の3つのタイプに大きく分けられるものの、どれも進行スピードは非常に遅いという特徴があります。

中でも前頭部から頭頂部にかけての薄毛が厄介で、進行スピードが速いと考えられておりますが、1ヶ月や2ヶ月といった短い期間では特に変化はないのです。

しかし、進行スピードが遅くて直ぐには変化しないからこそ、「まだ自分は大丈夫」「もう少し様子を見よう」と後回しにしてしまうのかもしれません。

AGAを発症していれば確実にゆっくりと抜け毛や薄毛は進んでいくので、長期的に見れば薄くなっていきます。

正常なヘアサイクルを狂わせたり、毛母細胞にダメージを与えたりするDHTは常に生成され続けているので、なるべく早めにAGAの治療を行わなければならないのです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、個人の症状に合わせた適切な治療法を提案してくれるので、一度無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAによる薄毛は早期に治療しなければならないと考えられており、それは毛乳頭では絶えずDHTが生成され続けているからです。

AGAの元凶とも言って良い存在がDHTで、ヘアサイクルの成長期を著しく短くすることで毛母細胞の分裂回数を短くしていきます。

この細胞分裂の回数には制限があり、寿命がくればどんな治療を施しても髪の毛を復活させることはできません。

そのため、AGAによる抜け毛や薄毛の症状に気付いた段階で何かしらの薄毛治療を開始し、進行スピードを抑えるという対策が重要なのです。

現在では内服薬のプロペシアや外用薬のミノキシジルが病院で処方され、誰でも簡単に薄毛の治療を始められるようになりました。

症状の進行スピードはゆっくりでも自然と解消することは絶対にないので、「少しでも若々しい状態を維持したい」と考えている男性は、自分に合ったAGA治療をクリニックで受けてみてください。

 - AGAの特徴