薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAになりやすい人

   

AGA(男性型脱毛症)になりやすい人には幾つかの特徴があります。

全ての男性が患う可能性があるため、「AGAによる薄毛が絶対に引き起こされない」という人はいません。

それでも、AGAになりやすいのかどうか事前に把握しておくのは大事ですし、いざ抜け毛が増えて薄毛が進行したとしても焦らずに済みます。

そこで、以下ではAGAになりやすい人の特徴を記載しているので、一度目を通してみてください。

・AGA(男性型脱毛症)の遺伝要素を持っている
・ヘアサイクルを狂わせるジヒドロテストステロン(DHT)の感受性が強い
・テストステロンをDHTに変える酵素の5αリダクターゼの量が多い
・母方の祖父がAGAを患って薄毛の症状が進行している(AGAは隔世遺伝)

上記のような男性はAGAを発症しやすく、30代40代と年齢を重ねることによって少しずつ症状が悪化していきます。

AGAは他の脱毛症とは違って遺伝要素が強く、ジヒドロテストステロン(DHT)の量が多ければ多いほど症状が進行しやすいのです。

しかし、AGAになりやすい人でも諦める必要性は全くありませんし、適切な薄毛治療を施すことで理想のヘアスタイルを維持できます。

もし、自分がAGAを発症しているのかどうか確実に知りたいのならば、クリニックで実施されている遺伝子検査がおすすめです。

「DHTの量が多い」「酵素の5αリダクターゼの量が多い」というのは見た目では判断できませんし、遺伝子レベルで診断できる遺伝子検査がベストなのは間違いありません。

当サイトでご紹介しているAGA専門クリニックの湘南美容外科クリニックでは遺伝子検査が実施されているので、不安な方は一度訪れてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、「男性ホルモンの量が多い」「体毛が多い」という男性は、AGAになりやすい人だと噂が飛び交っております。

確かに、体毛が濃い人は男性ホルモンの分泌量が多いですし、AGAはDHTが深く関わっているので強ち間違いではないかもしれません。

しかし、重要なのは男性ホルモンの量ではなく毛乳頭の受容体の感度で、悪玉のDHTとどれだけ結合しやすいかが問題となります。

それに、男性ホルモンの分泌量が人並みでも影響を受けやすい体質ならば髭や胸毛といった体毛は濃くなるため、「体毛が多い=男性ホルモンの分泌量が多い」という方程式は成り立たないのです。

また、AGAの発症に加えて、日頃の生活習慣に問題があったりストレスを溜め込んだりしていると、抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすくなります。

食生活の乱れや睡眠不足、血行不良が直接的にAGAの原因というわけではないものの、髪の毛の成長を阻害する要因なのは事実なので十分に注意してください。

 - AGAの特徴