薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの見分け方

   

「円形脱毛症とAGAの見分け方が分からない」「ストレス性脱毛とAGAの見分け方が分からない」と悩んでいる男性は多いかもしれません。

確かに、どんな脱毛症でも抜け毛が増えて薄毛が進行していく点では一緒ですし、外見だけで判断が付くのか微妙だと考えるはずです。

AGAの発症有無を確実に知りたいのならば、専門クリニックで実施されている遺伝子検査が適しております。

頬の内側の粘膜を採取するのが遺伝子検査で、「AGAを発症しているかどうか」「フィナステリドの感受性」の2つを遺伝子レベルで調べてくれるのです。

しかし、遺伝子検査には15,000円程度の費用がかかり、インターネット通販で購入できる検査キットも同じなので、素人が自分の力で見分けるには薄毛が生じている部分を確かめるのが最も適しております。

・頭のてっぺんやつむじ付近の抜け毛が増えて薄毛が広がっている
・前頭部の髪の毛が時間をかけて薄くなってM字型ハゲが進行する
・生え際と頭頂部の両方から薄くなっている

上記は根本的なAGAの症状で、他の脱毛症との見分け方の一つです。

AGAはヘアサイクルの成長期を短くしたり、毛母細胞にダメージを与えたりというDHT(ジヒドロテストステロン)が深く関わっております。

テストステロンと酵素の5αリダクターゼによって生成される活性型男性ホルモンがDHTで、頭頂部や前頭部といった部位に存在するのが大きな特徴です。

このDHTの影響を受けて抜け毛が発生したり薄毛が進行したりするため、症状が進んでいる部位を確認すれば大よその判別がきくのではないでしょうか。

また、以下のようにAGAによる薄毛の特徴をある程度把握しておくのも見分け方の一つとなっております。

・髪の毛のミニチュア化が進んで全体的にボリュームダウンする
・細くて短い毛髪の抜け毛が増える
・見た目では気付かない程度のスピードでゆっくりと薄毛が進行する
・痛みなどの感覚は一切なく髪の毛が薄くなっていく

むしろ、男性が引き起こす薄毛の95%程度はAGA(男性型脱毛症)だと考えられており、年齢を重ねて髪の毛が薄くなってきたらAGAだと捉えても問題はありません。

過剰な皮脂分泌による脂漏性脱毛症や、10円玉程度のハゲが形成される円形脱毛症、医薬品の副作用による薬物脱毛症や正常な自分の髪の毛を引き抜く抜毛症など、様々な症状があります。

しかし、これらの脱毛症に当てはまらなければAGAだと考えられ、30代40代と年齢を重ねていけば確実に見た目のイメージは悪くなるはずです。

早期発見・早期治療がAGAでも大事なので、自分の毛髪に異変を感じた男性は早めに当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んで薄毛の治療を受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴