薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと短い毛

   

「頭頂部の脱毛が進行したらAGA」「生え際が後退したらAGA」「抜け毛の本数が増えたらヤバい」と考えている男性は多いかもしれません。

確かに、これは間違いではありませんが、抜け毛の本数だけではなく性質にも気を配るべきです。

人間の髪の毛は1日に50本~100本程度は抜けますし、「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルがあるので当然のことだと言えます。

季節によって抜け毛が増える時期もあるので神経質になる必要はありませんが、その中に短い毛が混じっているという男性は注意が必要です。

①シャンプー後やドライヤー後に短い毛がたくさん落ちている
②長い毛よりも短い毛の割合の方が多い
③ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなっている可能性が高い
④つまり太く長く髪の毛が成長する前に頭皮から抜け落ちている
⑤ヘアサイクルを狂わせるのはDHT(ジヒドロテストステロン)
⑥DHTと関係している薄毛はAGA(男性型脱毛症)

上記のように、あまりにも短い毛が多い場合はAGAを発症していると考えられ、活性型男性ホルモンのDHTによってヘアサイクルが乱れているのが直接的な原因です。

ヘアサイクルとは髪の毛が生え変わる周期のことを指しており、「成長期:毛母細胞が分裂を繰り返して毛髪が成長する」⇒「退行期:細胞分裂が衰える時期」⇒「休止期:細胞分裂がストップして抜け落ちるのを待つ時期」の3つを繰り返しております。

正常な状態ならば個人差があるものの、成長期は2年間から6年間と長く続くので、栄養分や酸素を受け取って太く長く成長していくのです。

その点、AGAを発症していると成長期が数ヶ月から1年間と極端に短くなり、太く長く成長することができず、短い毛のまま抜け落ちてしまうという現象が生じやすいのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、1日に数本程度ならば誰でも短い毛が抜けることはありませんし、1本でも短い毛が存在したからといってAGAを発症していると決め付けることはできません。

それでも、短い毛の割合が多いのはAGAの特徴ですし、きちんと成長しないまま抜けて生えてというサイクルを繰り返し、時間の経過によって地肌が透けて薄毛は悪化していきます。

この負のスパイラルを食い止めるためにも、少しでも異常を感じたら早めにAGA治療に取り組んだ方が良いのです。

当サイトでは、数々のAGAの治療メニューを取り揃えている湘南美容外科クリニックをご紹介しております。

個人の症状に合わせた治療を提案し、生活習慣のアドバイスも同時に行ってくれるので、まずは湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴