薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAのメカニズム

   

AGAを発症してどのようなメカニズムで薄毛の症状が進行していくのか、疑問を抱えている男性は多いはずです。

そもそも、AGAとは「男性型脱毛症」の略称で、成人の男性の髪の毛が薄くなる状態のことを指します。

頭頂部が薄くなるO字型ハゲや前頭部が薄くなるM字型ハゲなど男性によって進行パターンは大きく異なり、栄養状態や年齢に関係なく抜け毛が増えていくのが大きな特徴です。

男性成人の約30%がAGAによる薄毛で悩まされているというデータがあり、誰にでも引き起こされる可能性があることがお分かり頂けるかもしれません。

そこで、以下ではAGAを発症してから、実際に髪の毛が薄くなっていくまでのメカニズムを詳しくご説明していくので、一度参照しておいてください。

①思春期以降に睾丸で男性ホルモンのテストステロンが生成される
②頭頂部や前頭部といった毛根では還元酵素の5αリダクターゼが分泌される
③毛乳頭でテストステロンと5αリダクターゼが結び付くとDHT(ジヒドロテストステロン)に変わる
④DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンの数十倍の作用を持っている
⑤DHTがヘアサイクルを狂わせたり毛母細胞の働きを弱めたりする
⑥毛髪が太く長く成長する前に抜け落ちるので薄毛が進行する
⑦DHTは自然に消滅することではなく生成され続けるのでAGAは放置で自然には治らない

上記のようなメカニズムでAGAによる薄毛の症状は進行していき、酵素の5αリダクターゼと活性型男性ホルモンのDHTが大きく関わっていることがお分かり頂けるはずです。

5-αリダクターゼの働きは母方からの遺伝の影響を受けやすいとドイツの学者によって解明されました。

DHTの感受性が強いかどうかでAGAを発症するか否か決まることもありますが、母親の父親が薄毛の場合は孫にも隔世遺伝して年齢を重ねるにつれてAGAを発症しやすいのです。

DHTが脱毛スイッチを入れることが薄毛進行のメカニズムと言っても過言ではなく、この活性型男性ホルモンをどうにかするのが効果的なAGAの対策となっております。

育毛サプリメントで髪の毛の栄養を補給したり、育毛シャンプーで頭皮環境を整えたりという対策は欠かせない要素の一つかもしれません。

しかし、AGAによる薄毛の治療には結び付きませんし、DHTを抑えなければ意味がないので医療機関で処方されているプロペシアの服用が実に適しております。

内服薬のプロペシアを服用することで5αリダクターゼの働きを抑え、テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変わるのを防いでくれるのです。

他にも、血流を良くして毛母細胞や毛根に栄養分を届けるミノキシジルが含まれた育毛剤も専門クリニックでは処方されており、自分の症状に合わせた治療ができます。

当サイトでは、豊富な治療メニューが用意されている湘南美容外科クリニックをご紹介しているので、まずは無料カウンセリングを一度受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴