薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

末期のAGA

   

「末期のAGAは治療で治すことができるの?」という疑問を抱えている男性は多くいらっしゃいます。

AGAは進行性の病気ということで、薄毛の症状が重くなればなるほど改善が難しくなるのは事実です。

加齢によって毛根が弱体化したり減少したりすれば症状は悪化し、男性ホルモンのDHTの影響が強くなればヘアサイクルが乱れて抜け毛が増加します。

それでも、現在では様々なAGAの治療法が登場しており、内服薬や外用薬を駆使して回復させられるようになりました。

しかし、末期のAGAで悩んでいる男性は治療の選択肢が狭まり、投薬治療では十分に改善に至らないケースもあると心得ておくべきです。

どのような状態が末期なのか特に定義はありませんが、AGAの症状を複数に分けたハミルトン・ノーウッド分類のⅦ型だと考えられます。

Ⅶ型の男性は頭頂部や前頭部の薄毛が繋がって全体的に広がり、後頭部や側頭部といった部位にしか髪の毛が残されていないような状態です。

既に、AGAの発症によって毛母細胞が死滅している可能性が高く、男性ホルモンを抑えるプロペシアを服用したり、血管拡張作用が得られるミノキシジルを塗布したりしてもあまり意味がありません。

そこで、末期のAGAで悩んでいる男性には、自分の髪の毛を移植する自毛植毛手術をおすすめします。

後頭部と側頭部に髪の毛が残されていれば自毛植毛は可能で、頭頂部や前頭部など薄毛が引き起こされている部位をボリュームアップできるのです。

当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックは、国内の中でも自毛植毛手術でシェア率ナンバーワンを誇っているので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 
さて、上記では末期のAGAを治療するには、自毛植毛しかないと説明致しました。

投薬治療や頭皮に薬剤を打ち込む治療では回復が難しいため、専門クリニックで自毛植毛を受けるのがベストです。

確かに、薄毛を根本的に改善できる素晴らしい手術ですが、保険外治療なので高額な費用がかかり、植え付ける本数によっては100万円を超えることもあります。

金銭的な負担はかなり大きいですし、大切な髪の毛を守りたいと考えているのならば末期まで放置するのではなく、初期や中期の段階で何かしらの手を打たなければなりません。

個人差があるので一概には説明できませんが、AGAを発症していても40代よりも30代、30代よりも20代の方が髪の毛は残っていると仮定できます。

毛髪を生やす能力が衰えていても毛根は死滅せずに生きている可能性が高いため、AGAによる抜け毛や薄毛の治療はなるべく早めに行った方が良いのです。

「○○○○の状態になったら手遅れ」という指標は特にないものの、治療開始年齢を早くした方が改善できる確率はアップするので、頭皮や髪の毛に気になる症状が出たら何かしらのアプローチを行ってみてください。

 - AGAの特徴