薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの基準

   

「AGAの症状に基準はあるの?」という疑問を抱えている男性は少なからずいらっしゃいます。

「薄毛=AGA」というわけではありませんし、AGAかどうか正確に知りたいのならばクリニックで遺伝子検査を受けるべきです。

AGAの判定基準として100%確かな方法が遺伝子検査で、専門のクリニックで受けることで遺伝子レベルでAGAを発症しているかどうか確かめられます。

「何が原因で抜け毛や薄毛が引き起こされているのか知りたい」「自分は将来的にAGAを発症する可能性があるのか知っておきたい」という男性におすすめです。

同時に、AGA治療薬のフィナステリドの感受性も調べられるため、効果的な方法なのは間違いないでしょう。

しかし、AGAを発症していると知ったところで治療には繋げられませんし、男性が引き起こす薄毛の9割以上はAGA(男性型脱毛症)だと考えられております。

薄毛の治療を始めようと心に決めている男性にとっては意味がなく、遺伝子検査には高額な費用がかかるため、積極的には推奨できません。

そこで、AGAかどうか判断する基準として、自分で以下の点をチェックしてみてください。

・頭のてっぺんから耳の上を結んだ頭頂線と生え際までの距離が2cmよりも短い
・頭頂部の抜け毛が進んでボリュームが低下している
・「M字型に前頭部が進行する」「O字型に頭頂部が進行する」など特徴的な抜け方をしている
・親族にAGAを発症している人がいる(特に母方の父親が薄毛かどうか調べるのが重要)
・育毛剤や育毛シャンプーを使っても大きな効果が得られない

上記のように、遺伝子検査に頼らなくても、ある程度AGAと認定される判定基準はあります。

特に、「前頭部や生え際から薄くなっている」「頭頂部から薄くなっている」という男性は、AGAを発症している可能性が限りなく高いと心得ておくべきです。

個人によって進行スピードは異なるものの、一度AGAを発症すると年齢を重ねるにつれて少しずつ症状が悪化する点では一緒となっております。

つまり、何かしらの対策や治療を練らなければ確実に薄毛が進行していくので、少しでも若々しい状態を維持したいのならば放置してはいけません。

生活習慣の見直しだけでは頭皮環境を整えられても、直接的な薄毛の治療に結び付けるのは困難なので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運び、専門医の指示に従って処置を施してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴