薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと毛先

   

20代や30代といった年齢ならば仮にAGAを発症していたとしても、著しく薄毛の症状が進行することはありません。

それでも、毛先をつまんでみて細くなっていたり枝毛になったりしているようならば、髪の毛に異常が生じている証拠なので早めに対策が必要となります。

毛先が細くなっている⇒頭皮が栄養失調状態に陥っている可能性が高い
水分がなくなって痛々しい毛先になっている⇒間違った洗髪やドライヤーの方法に原因が潜んでいる

毛先に異常が生じているからといって、必ずしもAGAを発症しているサインだとは捉えられないでしょう。

しかし、髪の毛の成長が損なわれている可能性が非常に高いですし、既にAGAを発症している男性ならば抜け毛や薄毛の症状は加速しやすくなります。

それに、丁寧なヘアケアや規則正しい生活習慣を送っていても、AGAを発症してヘアサイクルの成長期を短くするDHTの量が増え、細くて短い髪の毛ばかりになることは十分に考えられるのです。

そのため、髪の毛や頭皮に何かしらの悩みを抱えているのならば、自分の毛先を一度チェックしてみた方が良いかもしれません。

上記のように、栄養不足で成長が阻害されていたり、間違ったヘアケアでパサパサになったりしている場合があります。

特に、毛髪の栄養不足は毎日の食生活だけではなく、毛穴に皮脂や汚れが詰まったことで生じているかもしれないので注意が必要です。

余分な皮脂が頭皮へと分泌され、毎日の洗髪で適度に落とせなければ毛穴へと詰まり、成長が阻害されて弱々しい髪の毛ばかりになります。

だからといって、洗浄力の強い市販の高級アルコール系シャンプーを使用していると、今度は頭皮が乾燥して別のトラブルが引き起こされやすいので、アミノ酸系シャンプーのプレミアムブラックシャンプーを使ってみてください。
 

>>> プレミアムブラックシャンプーの詳細はこちら

 
さて、頭皮や髪の毛に負担の少ないシャンプー剤を使用したり、正しい洗髪や頭皮マッサージを駆使していれば、毛先のダメージを軽減させられます。

髪の毛の成長を損ねる心配はありませんし、AGAによる抜け毛や薄毛の予防にも繋がるのです。

AGAの対策と聞くと、内服薬や外用薬を長期間に渡って使い続けるというイメージがあるかもしれません。

確かに、根本的な治療を目指すのならば医薬品に頼らなければなりませんが、毎日のヘアケアに着目して改善を試みるのは意外と大事なのです。

「髪の毛を引っ張るようなブラッシングを行わない」「毛髪から離してドライヤーを使う」「1日に1回の洗髪を心掛ける」といったヘアケアを丁寧に行い、薄毛を対策してみてはいかがでしょうか。

AGAを発症している男性だけではなく、女性でも髪の毛のダメージが加わって薄毛の症状が進行するかもしれないので、毎日のヘアケアをきちんと見直してみてください。

 - AGAの特徴