薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと献血

   

特定の医薬品を服用している間は献血を断られることがあり、AGA治療薬にも該当します。

日本赤十字社の東京都赤十字血液センターの公式サイトでは、「献血の基準」というページが設けられており、以下の育毛医薬品を服用している方は一定期間献血をご遠慮くださいと表記されておりました。

メルク社のPROPECIA(プロペシア):1ヶ月間
メルク社のPROSCAR(プロスカー):1ヶ月間
グラクソ・スミスクライン株式会社のAVODART(アボダート):6ヶ月間

上記の医薬品の中にはフィナステリドが配合されており、5αリダクターゼを抑えてAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑えてくれます。

活性型男性ホルモンのDHTが毛乳頭のアンドロゲンレセプターと結合し、ヘアサイクルを狂わせて抜け毛を引き起こすので、フィナステリドは効果的なAGAの治療薬だと考えられているのです。

しかし、フィナステリドは男性のAGAの治療には効果的な成分でも、妊娠している女性の体内に入り込むと男性胎児の生殖器官に悪影響を及ぼします。

ホルモンバランスが乱れて奇形児が生まれるというリスクが高まるため、プロペシアにしてもアボダートにしてもフィナステリドが配合されている医薬品は女性の服用が禁じられているのです。

もし、これらの医薬品を服用している男性が献血ルームで献血を受けた場合、女性に輸血されてしまうかもしれません。

フィナステリドの成分が入った血液が妊婦さんに輸血されないように、プロペシアを服用している男性が献血を断られるのは当然なのではないでしょうか。

「AGA治療を受けていると献血できない」というわけではなく、育毛サプリメントや塗布タイプのミノキシジルならばセーフとなっております。

ただし、フィナステリドを含む内服薬を服用してAGA治療を行っている男性は、上記の目安に従って一定期間に渡って献血を避けなければならないのです。

当日に服用していても採血可能な薬剤は、日本赤十字社のホームページで以下のように記載されておりました。

ビタミン剤:貧血治療薬やビタミンKはNG
ミネラル剤:貧血治療薬はNG
花粉症治療薬:セレスタミンはNG
漢方薬:肝疾患や喘息の治療をしている方はNG
胃腸薬:感染性下痢症の方はNG
降圧剤:血管系の合併症がないのが条件

公式サイトでは、「当日服用していても献血可能」「当日服用していなければ献血可能」「服薬中止から3日以上経っていれば献血可能」と様々な医薬品の情報が掲載されていたので、献血を考えている人は事前に確認しておいてください。

 - AGAの特徴