薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

軽度のAGA

   

AGAの年齢別発症率は20代で数%、40代で32%と年齢を重ねるにつれて上がっていく特徴があり、仮にAGAを発症していたとしても若者ならば軽度の症状で済みます。

軽度の状態ならば無理に内服薬や外用薬を使ってAGA治療を行う必要はなく、生活習慣の改善だけでも今の毛髪を少なくしないような対策はできるのです。

もちろん、早い段階から薄毛治療を実施すれば、進行した状態から発毛を目指すよりも自然なヘアスタイルに見せることができます。

それでも、投薬治療を続ければ金銭的な負担は大きくなりますし、10代や20代の男性ならば食生活の乱れや睡眠不足など不規則な生活を改めるだけでも十分なのです。

脱毛の進行スピードには個人差がありますが、基本的にはゆっくりと進むため、1年間や2年間で一気に薄毛が酷くなることはありません。

焦って薄毛の治療を行っても良いことはありませんし、生活習慣の見直しは病気を予防して健康体の維持にも繋がります。

しかし、軽度の状態でも10年後20年後は更に薄毛が進行し、頭頂部や前頭部のボリュームがなくなる可能性は非常に高いので、AGA専門クリニックで早めに対策を練るのは選択肢の一つです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、個人の薄毛の症状に合わせた治療メニューを提案してくれます。

オリジナルシャンプーやヘッドスパで頭皮環境を整えるような治療も受けられるので、抜け毛や薄毛の悩みを相談するために湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、軽度のAGAでも一度発症すれば少しずつ症状が進行していくと上記では説明致しました。

そのため、DHTを抑えてハゲの進行を食い止めてくれるプロペシアをクリニックで処方してもらい、飲み続けるのは方法の一つとなっております。

頭皮へと薬剤を注入する育毛メソセラピーや、自分の髪の毛を移植する自毛植毛といった大掛かりな薄毛治療を選択する必要はありません。

それでも、一度脱毛スイッチが入れば次第に髪の毛は薄くなっていくので、将来のことを考えてプロペシアの使用からAGA治療をスタートさせるべきです。

プロペシアを服用して体内にフィナステリドを投与することにより、酵素の5αリダクターゼを抑制してDHTの産生を防いでくれます。

DHTの量が少なくなれば脱毛スイッチを制御できるため、プロペシアは数多くの医薬品の中でも画期的な治療薬だと言われているのです。

医薬品と合わせて、L-リジンやマルチビタミンなどサプリメントで栄養補給をするのもおすすめなので、是非一度試してみましょう。

 - AGAの特徴