薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療は自己責任なの?

   

一昔前は育毛剤や育毛シャンプーなど限られた薄毛治療しか存在せず、選択肢の幅はかなり狭いという特徴がありました。

しかし、現在では科学的に有効だと言われている治療法も増え始め、以前と比べて得られる効果は確実に高まっているはずです。

・通販で販売されている豊富な種類の育毛剤や育毛シャンプーから選択する
・皮膚科へと足を運んでプロペシアを処方してもらう
・AGA専門クリニックへと足を運んで医師の指示に従って治療を受ける
・個人輸入代行業者を利用して海外で販売されているAGAの医薬品を使う

AGA専門クリニックへと足を運んで薄毛の治療を行うのは良いのですが、個人輸入代行業者を利用する場合は自己責任となるので注意が必要です。

現在では海外で販売されているAGAの治療薬を個人輸入で、ネット通販のような形で簡単に入手できるようになりました。

オオサカ堂やアイドラッグストア、T.O.P(トップ)やアイドラッグマートなど様々な業者が存在しております。

業者によって取り扱っている医薬品の種類には違いが生じているものの、ジェネリックを含むAGAの治療薬を格安の価格で手に入れることができるのです。

・病院やクリニックへと毎月通院する時間がない
・少しでも費用の負担を抑えてAGAの治療がしたい
・誰にも知られずにAGAによる薄毛を克服したい

上記のように考えている男性は、インターネット通販の個人輸入代行業者を利用するのがベストだと考えるはずです。

しかし、個人輸入で海外の医薬品を入手して使う場合は全て自己責任ですし、医師の説明やアドバイスを受けることはできません。

病院で処方される薬で予期せぬ副作用が引き起こされた場合、患者さんを救済する意味で医薬品副作用被害救済制度という公的な制度が設けられております。

その点、個人輸入で入手した薬に関しては医薬品副作用被害救済制度は適用されず、得られる効果や引き起こされる副作用に関しては全て自己責任なのです。

ハゲの悩みは深く、AGAの治療は長期間に渡って行わなければならないということで、格安の価格で医薬品が販売されている個人輸入代行業者には魅力を感じます。

例えば、プロペシアを病院で処方してもらうとなると診察料を含めて1ヶ月間で10,000円程度を支払わなければなりませんが、個人輸入ならば5,500円程度で済むのです。

有効成分が同じで異なる製薬会社が製造しているジェネリックならばもっと安くなり、金銭的な負担を抑えられるのではないでしょうか。

それでも、予期せぬ事態が引き起こされる可能性は少なからずありますし、身体に異常が生じても全て自己責任なので、専門クリニックへと受診して治療を進めるべきです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックならば、個人の症状や体質に合わせて適切な治療法を提案してくれるので、まずは無料カウンセリングで相談してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴