薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの治療はいつまで行えば良いの?

   

プロペシアを飲んだりミノキシジルを塗布したりという男性は、「一体いつまでAGA治療を続ければ良いの?」という疑問を抱えているかもしれません。

確かに、プロペシアとミノキシジルの両方を使って薄毛治療を行えば確実に1ヶ月で1万円以上は溶けますし、金銭的な負担と本当に改善できるのかという不安に襲われます。

いつまで続けるのかは個人の判断によって異なるものの、プロペシアにしてもミノキシジルにしても治療薬によって原因を抑えているに過ぎないのです。

つまり、医薬品の服用を中止すれば少しずつ元の状態に戻っていきますし、薄毛治療は継続してこそ大きな効果が得られるため、症状が気になる間は使い続けなければなりません。

・AGAは進行性の病気でどんな医薬品を使ってもAGA自体を治療するのは不可能
・抜け毛や薄毛が気になる間は基本的にAGA治療を続けなければならない
・回復したからといって途中で治療をやめれば時間をかけて元に戻る
・中には10年間20年間と薄毛治療を継続している男性はいる

AGAによる薄毛には上記のような特徴があり、常に治療を続けなければ効果が得られないところが他の病気との大きな違いなのではないでしょうか。

インフルエンザにしても神経まで進行した虫歯にしても、治療を続けていればいつかは完治します。

その点、AGAには完治という概念がなく、薄毛治療は自分で終わりを決めるという特徴があるのです。

「55歳になるまでは治療を続ける」「髪の毛が増えた時点でミノキシジルはやめる」「定年になって仕事を辞めたら薄毛治療も中止する」といったように、自分で終焉を決めなければなりません。

もし、「死ぬまで髪の毛がフサフサの状態を維持したい」と考えているのならば、死ぬ時まで薄毛の治療を継続しなければならないのです。

とは言え、多くの男性は若い頃だけ薄毛をカバーできれば良いと考えており、確かに60代や70代でハゲていても歳相応なので笑われることはないでしょう。

「○○歳まで薄毛治療を続けなければならない」という決まりはなく、専門クリニックの医師と相談して治療方針を決めるのがベストです。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、個人の薄毛の症状や体質に合わせて適切な治療を提案してくれます。

湘南美容外科クリニックの専門医に従っていれば大きな間違いはないので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの特徴