薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAは一気に進行するの?

   

「AGAによる抜け毛や薄毛の症状は一気に進行するの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

しかし、AGA(男性型脱毛症)は円形脱毛症とは大きく異なり、ゆっくりと進行していくのが特徴です。

頭皮の一部分、または複数の箇所に10円玉ハゲが形成される円形脱毛症は、朝起きた時に突然引き起こされます。

後頭部など自分の目でチェックできない部分に形成されていた場合、友人や家族など他の人から指摘されてやっと気付くケースも少なくありません。

その点、AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響で少しずつヘアサイクルが乱れ、頭頂部や前頭部の薄毛が進行していくので、一気に変化することはないのです。

もちろん、進行スピードには個人差があり、半年間や1年間で見た目に大きな変化が生じる男性も少なからずいらっしゃいます。

進行度合いに限らず、一度AGAを発症すると完治することはなく、時間の経過によって酷くなっていく点では一緒なので、髪の毛の異変に気付いたら早めに対策や治療を行った方が良いのではないでしょうか。

「まだ自分は大丈夫」「これから回復するかも」と希望を掲げる気持ちは十分に分かりますが、自然と解消されるような症状ではないと心得ておくべきです。

そこで、AGAで悩んでいる男性には、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックの受診をおすすめします。

ここでは投薬治療や自毛植毛など、個人の薄毛の進行度合いに合わせた治療を受けられるので、まずは湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAによる薄毛は一気に進行することはなく、ゆっくりとしたスピードで頭部の毛髪に変化が生じると上記では説明しました。

逆に、薄毛の治療を始めて改善に向かう際もスピードが遅く、根気良く続けていかなければなりません。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインで推奨されているプロペシアやミノキシジルでも、1ヶ月や2ヶ月程度の使用では髪の毛に変化はあらわれないのです。

どんなに短くても半年間以上は薄毛治療を続けなければならず、直ぐに効果を実感できないのが大きなデメリットとなっております。

これは自分の髪の毛を移植する自毛植毛でも一緒で、頭皮に植えつけてから一度抜け落ち、新しく生え変わるまでに10ヶ月から12ヶ月程度の時間を要するのです。

このように、どんなAGA治療でも時間がかかる点では一緒で、途中で諦める男性が多い理由なのではないでしょうか。

それでも、何も手を打たなければ薄毛は進行していくだけなので、自分に合った対策を早めに行ってください。

 - AGAの特徴