薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの発症割合

   

男性が引き起こすAGAの発症割合は年齢によって大きな違いが生じております。

男性ホルモンが深く関わっているため、思春期以降の男性ならば誰でもAGAを発症する可能性があるものの、年齢を重ねるにつれてその割合は以下のように上がっていくのです。

20歳から29歳の20代の男性:6%
30歳から39歳の30代の男性:12%
40歳から49歳の40代の男性:32%
50歳から59歳の50代の男性:44%
60歳から69歳の60代の男性:51%
70歳から79歳の70代の男性:61%

上記のように、年齢を重ねるにつれてAGAの発症率は高まり、日本には推定で1,260万人の男性がAGAによる薄毛の症状で悩まされております。

成人男性に特定すれば大よそ3人から4人に1人という計算となり、その発症率は30%を超えているのです。

1,260万人の中で何かしらの薄毛の対策を練った人は650万人と想定されており、意外と何もせずに放置している男性が多いことがお分かり頂けるかもしれません。

確かに、薄毛の治療を行っていると人に伝えるのは恥ずかしいですし、プライドが傷付く男性は多いはずです。

それでも、上記の発症割合を見れば珍しい現象ではないことが分かるはずですし、AGAによる薄毛は放置していれば確実に症状は進行していきます。

頭頂部と前頭部の脱毛が進んで手遅れになってから処置を行っても、理想的な状態まで戻すのは困難なので早めに治療を開始するべきです。

既に多くの男性が薄毛の治療を始めておりますし、その方法も現在では多種多様なので、まずは専門クリニックの湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの年齢別発症率は上記で説明した数値になり、50代以降の男性の約半分は薄毛で悩まされる計算となります。

しかし、AGAを発症したからといって直ぐに薬に頼らなければならないわけではありません。

プロペシアやミノキシジルといった医薬品を使わなくても、普段の生活習慣を見直すだけでもAGAによる抜け毛や薄毛の進行をストップさせられます。

「食生活を見直して髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取する」「休養や睡眠を十分に取って成長ホルモンの分泌を促す」「ストレスを発散して血行不良を改善する」という対策でも変化は得られるはずです。

もちろん、生活習慣の見直しだけでみるみるうちに髪の毛が生えてくるわけではありませんが、健康体を維持して病気を予防するためにも大事なのではないでしょうか。

今の髪の毛を少しでも多く残して理想の髪型を維持するために、不規則な生活習慣を改めてみてください。

 - AGAの特徴