薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAは現状維持できるの?

   

AGA(男性型脱毛症)は年齢を重ねることで症状が悪化する進行性の病気なので、現状維持だけでも大きな意味があります。

「現状維持できてもフサフサの髪の毛を手に入れられなければ治療をしている意味がない」と考える男性は多いかもしれません。

しかし、今現在の髪の毛をこれ以上減らさないような対策もれっきとした薄毛治療ですし、一度発症すると進行を食い止めるのは非常に困難なので、髪の毛を生やすことが全てではないのです。

そこで、現状維持のために適したAGAの治療薬がプロペシアで、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクに推奨されている内服薬となっております。

プロペシアの中には有効成分のフィナステリドが配合されており、酵素の働きを抑えてヘアサイクルの乱れを引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を食い止めてくれるのです。

「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルが正常化されるため、プロペシアの服用を続けることで細く短くなっている毛髪を太く成長させ、抜け毛の量は次第に少なくなっていきます。

専門クリニックで医師の説明を受けると、「プロペシアの効果は基本的に現状維持で、発毛効果も同時に得たいのならば他の治療も必要」と言われることがありますが、AGAのメカニズムに焦点を当てた画期的な治療薬なのは事実です。

それに、プロペシアで絶対に現状維持しかできないわけではなく、長期間に渡る服用で髪の毛を以前よりも増やすことはできた男性はいらっしゃるので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGAの主原因はDHTなので、この活性型男性ホルモンを食い止めることで根本的な改善に繋がります。

何も対策を打たなければ絶えずDHTは生成され続けますし、少しでも量を減らして抜け毛や薄毛の進行を食い止めるために、内服薬のプロペシアが注目を集めているのです。

しかし、現状維持だけではなく発毛効果を得たいと考えている男性は、毛髪が減る要因を少なくするとともに、毛髪が増える要因を増やす努力も同時に行った方が良いでしょう。

・血管拡張効果のあるミノキシジルが含まれた育毛剤を使う
・バランスの良い食生活で毛髪が生えやすい土台を作る
・十分な睡眠を取って毛髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を促す

上記のような薄毛対策も同時に行っていれば、現状維持以上の効果を得られるかもしれません。

体質的にプロペシアが効きにくい男性はいらっしゃいますし、「薄毛の対策は○○○を行えば良い」とは決まっていないので、様々な方法を試してみてください。

 - AGAの特徴