薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと湯シャン

   

自宅で気軽に行えるAGAの予防や対策として湯シャンが注目を集めており、シャンプーやトリートメントを使わずにぬるま湯だけで洗髪する方法を指します。

「シャンプー剤を使わなかったら頭皮の汚れや髪の毛に付着したホコリが落ちないのではないか?」と考えるかもしれません。

しかし、ぬるま湯で頭皮を洗い流すだけでも汚れは落ちますし、「市販のシャンプー剤には洗浄力が強い成分が含まれているから使わない方が良い」という認識が広まり、湯シャンを実行している男性は増えております。

実際に、以前に宇津木龍一氏が「シャンプーをやめると髪が増える、抜け毛、薄毛、パサつきは洗いすぎが原因だった!」という本を出版し、一生懸命ゴシゴシと髪の毛を洗っている人にとっては衝撃的でした。

確かに、ドラッグストアやスーパーで販売されている市販の高級アルコール系シャンプーの中には、以下のような刺激的な成分が配合されております。

・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム
・シロキサン
・ヒートケラチン

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naは特に頭皮や髪の毛に対する刺激が強く、これが含まれたシャンプーで髪の毛を洗うことでAGAによる抜け毛や薄毛の悪化に繋がると考えられております。

これらの高級アルコール系界面活性剤は頭皮の皮脂を過剰に取り除き、乾燥によって頭皮環境の悪化に繋がりやすいため湯シャンが良いのではないかと噂されているのです。

合成化学物質が含まれたシャンプーが髪の毛にとって良いわけはありませんし、毛母細胞や毛乳頭にも悪影響が加わるかもしれません。

私たちの頭皮に分泌されている皮脂は外部の刺激から守るバリア機能の役割を果たしており、必要以上に取り除かれると分泌量が増すという特徴があるため、シャンプーで洗う前よりも脂ギッシュな状態になります。

これでは頭皮環境が悪化してAGAの症状の悪化に繋がりやすいので、下記のような方法で湯シャンを行うのが効果的なのです。

①お風呂に入る前に櫛を使って髪の毛をとく
②ぬるま湯で前流し(プレシャワーリング)を行う
③湯船にゆっくりと浸かって血行を促進する
④湯船から上がってもう一度シャワーで髪の毛を流す
⑤同時に頭皮マッサージを行って血行を促す
⑥身体を洗って綺麗に流したらお風呂から上がる
⑦タオルドライとドライヤーで髪の毛を乾かす

意外にもお湯には十分な洗浄作用があり、頭皮の余分な皮脂や汚れを優しく取り除いてくれます。

しかし、湯シャンすることが頭皮にとって良いわけではなく、洗浄力の強い成分の含まれたシャンプー剤を使って髪の毛を洗うのが悪いことという点を把握しておくべきです。

つまり、あくまでも「引き算の育毛法」であり、「足し算の育毛法」ではなく、湯シャンで発毛効果が得られるわけではありません。

AGAの予防には繋がっても治療には至らないので、症状を根本的に克服したいのならば当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防