薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとツボ

   

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛の進行をストップさせたいのならば、多角的なケアを行わなければなりません。

もちろん、AGAの治療に繋げるためには医学的に効果があると立証されているプロペシアやミノキシジルが適しており、長期間に渡って続けることで少しずつ変化が得られます。

しかし、医薬品に頼るだけではなく別の視点から対策するのも選択肢の一つで、気軽に自宅で行える方法がツボの刺激です。

人間の身体には至る場所にツボがあり、特定の部分を押したりマッサージしたりして刺激することで血行促進や新陳代謝の向上が期待できます。

髪の毛がスクスクと伸びるわけではないので、「AGAの治療」ではなく「AGAの予防」と言った方が良いでしょう。

それでも、血行不良や新陳代謝機能の低下により、頭皮や髪の毛に十分な酸素や栄養素が行き渡りにくくなって発毛が妨げられます。

髪の毛自体のハリやコシもなくなり、AGAによる抜け毛や薄毛の症状が加速しやすいので、ツボ押しが大事だとお分かり頂けるはずです。

そこで、以下では頭皮や髪の毛と密接な関係のあるツボをご紹介しているので、入浴している最中に適度な力で刺激してみてください。

 

<百会(ひゃくえ)>
・両耳と眉間を結ぶ頭頂部のてっぺんに位置している
・中指を重ねてツボを適度な力で押すのがベスト
・自律神経の働きを整える

<太陽(たいよう)>
・こめかみから目尻へと寄った場所に位置している
・肩こりや眼精疲労に効果的で血行促進効果が得られる

<あ門>
・後頭部のうなじの中央部分から少し上辺りに位置している
・人差し指と中指で3秒間から5秒間程度押すのが適している
・頭部や頚部の血流をアップさせて栄養素を行き渡らせる

<玉枕(ぎょくちん)>
・後頭部の隆起している部分から指2本分離れた両サイドに位置している
・血行を促してくれるのでAGAによる頭頂部の薄毛に効き目がある

<天柱(てんちゅう)>
・首の後ろの生え際から指2本分外側に位置している
・肉体的な疲労や精神的なストレスを和らげられる
・ホルモンバランスや皮脂の分泌量を整える効果もある

 

どのツボを刺激するにしても適度な力で押さなければならず、「気持ち良い」「ちょっとだけ痛い」という状態が目安です。

薄毛の予防や若ハゲ対策に繋がるとは言え、やり過ぎも頭皮へと大きな負担が加わるので避けなければなりません。

もちろん、ツボ押しを続けても抜け毛や薄毛に変化が生じないケースも十分にあるので、医薬品を使った治療を行うためにも当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防