薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと椿油

   

頭皮の健康を保ってAGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛の改善を図るために、植物オイルを使用するのは選択肢の一つとなっております。

植物オイルはキャリアオイルとも呼ばれており、以下のようにたくさんの種類が存在するのが大きな特徴です。

アプリコットカーネル油:肌を柔らかく保ちながら肌荒れを解消する
オリーブスクワラン油:高い抗酸化作用によってアンチエイジング効果が得られる
キャロット油:シワや手荒れといった症状に適している
ククイナッツ油:日焼けした後の肌のケアとして最適
マカデミアナッツ油:老化した肌を若返らせて乾燥から守る
ヘンプシード油:保湿力が高いことから頭皮のスキンケアやマッサージとして利用されている
ピーチカーネル油:アトピー性皮膚炎の防止効果に優れている
スイートアーモンド油:敏感肌で保湿を促したい人におすすめ
アルニカ油:筋肉疲労や肩こり、関節痛といった症状に効き目がある

たくさんの植物オイルの中でもAGAによる抜け毛や薄毛に効き目があると言われているのが椿油で、ヤブツバキの種子から採取される油脂から作ったオイルです。

ヘアケアやスキンケアと聞くと、馬油やオリーブオイルを頭でイメージする方が多いかもしれません。

しかし、椿油を汚れ落としのオイルパックとして使うことで頭皮の汚れを素早く落とせますし、肌を保湿する効果にも優れているのでフケの発生を防いでくれます。

頭皮環境を整えればAGAによる薄毛の改善に繋がりますし、傷んだ髪の毛やパサ付いた毛髪にも適しているので過度のヘアカラーやパーマでギシギシになった人にもおすすめです。

髪の毛全体に馴染ませれば表面を覆っているキューティクルが剥がれるのを防いでくれますし、ツヤのあるサラサラとしたナチュラルヘアを手に入れることができます。

適量の椿油を頭皮に垂らしてマッサージを行うだけではなく、毎日使っているシャンプー剤に加えたり洗い流さないトリートメントとして使用したりという方法も良いのではないでしょうか。

椿油の代わりにあんず油を使うのも適しており、しっとりとした潤いのある髪の毛を維持できます。

しかし、椿油にしてもあんず油にしても育毛剤の成分をはじく特徴があるので、医療機関で育毛剤を処方してもらっている男性は注意が必要です。

AGAの治療に効果的な育毛剤を使っていても、成分が頭皮へと浸透しなければ意味がないので、育毛剤の後のヘアケアとして椿油を使ってみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防