薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAを資生堂のアデノゲンで改善できる?

   

大手の化粧品メーカーの一つが資生堂で、様々な製品を世に送り出しているので有名なのではないでしょうか。

ヘアケアに関連する商品も資生堂では取り扱っており、発毛促進剤のアデノゲンは特にAGAで悩んでいる男性が使っているはずです。

アデノゲンの中にはAGA(男性型脱毛症)に効き目があると言われているアデノシンと呼ばれる成分が配合されており、DNAの構成成分の核酸の一種で人間の体内にも存在しておりました。

この薬用成分のアデノシンが毛乳頭細胞に作用し、成長因子(グロースファクター)のFGF-7を産生します。

FGF-7が増えることで毛母細胞に働きかけ、発毛が促進されるというメカニズムなので、アデノシンを含む発毛促進剤のアデノゲンはAGAの対策や予防として使われているのです。

他にも、成長期を長くして毛髪が退行期や休止期に移行しないように促してくれるため、ヘアサイクルの乱れによって生じるAGAに効果的かもしれません。

実際に資生堂のアデノゲンを使った人の口コミを見てみると、「頭皮のボリュームがアップした」「抜け毛が減ったような気がした」「毛髪にハリやコシが出た」と高い評判を得ておりました。

しかし、アデノゲンを使ったからといってあなたの髪の毛が増えるわけではなく、それは科学的に根拠のある成分が含まれていないからです。

副作用の心配なく安全に使用できるというメリットはあるものの、数々の臨床試験で効果が確認されているミノキシジルを含む育毛剤とは大きく異なります。

AGAの根本的な改善には結び付きにくいので、資生堂のアデノゲンではなく湘南美容外科クリニックでミノキシジルを含む外用薬を処方してもらってください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、化粧品メーカーの資生堂は毛髪再生事業に参入し、最先端の技術であるiPS細胞の研究や開発を行っているようです。

様々な細胞への分化が可能なのがiPS細胞で、これを上手く活用すれば1本の毛髪から無限の髪の毛を作れるのでAGAで悩む男性の救いになります。

AGAを発症して頭頂部の脱毛や生え際の後退が進行すると、投薬治療では改善は難しいかもしれません。

しかも、毛根が死滅すればミノキシジルが含まれた育毛剤を塗布しても復活することはなく、毛母細胞の細胞分裂の寿命が来る前にAGA対策を行うのが基本なのです。

しかし、資生堂が研究を行っているiPS細胞が実用化されれば、無限に自分の毛髪のコピーを作り出して頭皮へと移植することにより、どんなに症状が進行していても薄毛を克服できます。

カナダのベンチャー企業であるレプリセルライフサイエンスと資生堂は手を組んで新たな開発に臨んでいるものの、iPS細胞で作り出した毛髪は1本当たり100万円と莫大なコストがかかるため、現段階では現実的ではありません。

有効性だけではなく安全性も考慮しなければならないので、実用化まではかなり遠い道のりなのではないでしょうか。

 - AGAの対策・予防