薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと洗髪

   

AGAの治療のために内服薬や外用薬を使っている男性は多く、プロペシアやミノキシジルは医学的に効果が認められております。

日本だけではなく世界共通の医薬品で、プロペシアでは抜け毛の予防効果、ミノキシジルでは直接的な発毛効果を得られるのです。

しかし、これらの医薬品だけに頼るのではなく、AGAの予防や対策として毎日の洗髪方法を見直さなければなりません。

AGAは男性ホルモンが酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化し、ヘアサイクルを狂わせて毛髪の成長を阻害するのが大きな原因なので、シャンプーや洗髪だけで対策を練るのは困難です。

それでも、「頭皮に皮脂が過剰分泌している」「フケが大量発生している」「頭皮の痒みが酷い」という状態では健康的な髪の毛は生えず、AGAによる抜け毛や薄毛は次第に悪化していきます。

つまり、頭皮環境を正常な状態で維持して健やかな毛髪を育てるためにも、正しい洗髪方法を心得ておいた方が良いでしょう。

もちろん、AGAを発症していない男性でも頭皮トラブルを未然に防ぐために重要なので、以下のような方法で毎日の洗髪を行ってみてください。

①お風呂に入る前にブラッシングで毛髪に付着したホコリや汚れを落とす
②最初はお湯だけで洗う前流し(プレシャワーリング)を行う
③2分間から3分間程度の前洗いの段階で70%近くの汚れを除去できる
④頭皮への刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを手の平で泡立てる
⑤髪の毛に乗せた後に爪を立てずに指の腹で優しく洗浄する
⑥泡立てながらスカルプマッサージを行うと血行促進効果も得られる
⑦洗い終わったらシャンプー剤のぬめりが取れるまで濯ぐ
⑧必要に応じてリンスやコンディショナーを使用する
⑨これらのヘアケア用品は頭皮ではなく髪の毛に馴染ませるのがポイント
⑩洗髪に使った時間の2倍から3倍を目安にしてシャワーで丁寧に洗い流す
⑪お風呂から上がったらタオルドライで水気を拭き取る
⑫ドライヤーで全体の9割近くを乾かしたら完了

上記のような正しい洗髪を毎日心掛けていれば、頭皮環境を良好な状態で保てるのでAGA治療の効果も確実にアップします。

特に、以下のような間違った洗い方をしている男性は今直ぐにでも改善しなければなりません。

<汚れを落とすためにシャンプーの回数を増やしている>
・洗いすぎは頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまう
・乾燥による頭皮や髪の毛への悪影響は大きいので1日に1回を心掛ける

<ブラシを使って洗髪している>
・ブラシを使えば血行促進に繋がりやすいものの、頭皮を傷付ける可能性が高い
・ブラシは洗髪前だけの使用に留め、髪の毛は指で優しく洗うのが一番

<爪を立ててゴシゴシと洗っている>
・爪を立てていると頭皮に大きな刺激が加わる
・指の腹で洗うだけでも汚れは十分に落とせる

<コンディショナーの成分を残すために濯ぎが不十分>
・余計な油分が頭皮に残されていると毛穴詰まりを引き起こす原因になる
・濯ぎが最も大事で頭皮への負担を軽減させるために熱湯は避ける

医療機関でのAGA治療に加えて、上記のような対策を練っていれば健やかな髪の毛の維持に繋がるので、今一度自分の洗髪方法を見直してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防