薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとノンシリコンシャンプー

   

頭皮にダメージを与えず優しいと言われているのがノンシリコンシャンプーで、AGAの予防や対策として使用している男性は数多くいらっしゃいます。

確かに、現在ではノンシリコンシャンプーが注目を集めており、「シリコン入りのシャンプーの使用は避けるべき」と考えられているのです。

そもそも、シリコンとは化学反応によって作られた人工物のことを指し、キューティクルに付着して髪の毛をコーティングしてくれます。

このように聞くと、「髪の毛にとって良い存在なのではないか?」と考えるかもしれませんが、下記のようなデメリットがあるので注意しなければなりません。

・毛穴の中に詰まって毛髪の成長を阻害する
・シリコン成分に頼ったヘアケアを続けていると髪の毛の傷みを促進する
・髪の毛の表面を覆っているキューティクルが剥がれやすくなる

上記のような噂が流れているため、「AGAによる抜け毛や薄毛対策にはノンシリコンシャンプーが良い」という風潮があるのです。

しかし、シリコンは水や油分に馴染まないので毛穴詰まりを引き起こすことはありませんし、「シリコンシャンプー=危険」「ノンシリコンシャンプー=安全」とは一概に言い切れません。

網目構造になっているので皮膚呼吸を妨げるわけではありませんし、髪の毛をコーティングしてキューティクルを守り、肌触りを良くして光沢を出す効果があります。

つまり、「ノンシリコンシャンプーさえ使っていればAGAの予防に繋がる」という考え方は間違いなのです。

どちらかと言うと、シリコンの有無ではなく洗浄成分に気を配る必要があり、ラウリル硫酸Naといった洗浄力の強い成分が含まれたシャンプー剤は避ける必要があります。

恐らく、洗浄力の強いシャンプー剤は洗い上がりのきしみやゴワゴワ感を防ぐためにシリコンを含んでおり、「髪の毛や頭皮に良くない」と認識されるようになったのではないでしょうか。

そのため、シリコンが含まれていても適度な洗浄力のアミノ酸系成分が含まれていれば頭皮環境を良好な状態で保てますし、AGAによる抜け毛や薄毛の対策にも繋がります。

・ココイル
・ラウリル
・コカミド

アミノ酸系シャンプーは上記のような成分が含まれているかどうかで判断でき、頭皮の健康に欠かせない皮脂を適度に残してくれるのです。

もちろん、「アミノ酸系の成分+ノンシリコンシャンプー」という組み合わせも適しており、髪の毛に加わるダメージを減らせます。

しかし、育毛シャンプーの使用ではAGAの治療に結び付けることはできないので、根本的な改善を目指したいのならば当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防