薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと納豆

   

好き嫌いの多い食品かもしれませんが、納豆には生活習慣病を改善する働きを持っており、様々な栄養素が含まれております。

筋肉や臓器を作るためのタンパク質、免疫機能を健全に保つビタミンB6、貧血を予防する鉄分、コレステロールを除去して血行を良くするビタミンEなどが有名で、AGAとも深く関わっている食材なのです。

もちろん、あくまでもAGAの予防効果というだけで薄毛の治療に結び付けられるわけではありません。

それでも、以下のような作用が得られるため、AGAの予防や対策として納豆を毎日の食生活に取り入れている男性は増えております。

・女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンの摂取で過剰な皮脂分泌を抑制する
・AGAの元凶となるDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制を図る
・髪の毛にとって欠かせない三大栄養素の良質なタンパク質が含まれている
・身体が正常な新陳代謝を行うために必要な亜鉛が配合されている

特に、大豆イソフラボンの効果は非常に大きく、「骨粗鬆症を予防する」「循環器系疾患を予防する」「美肌効果が得られる」という働きも担っております。

髪の毛だけではなく身体全体の健康や美容に欠かせない栄養素で、1日に2パックの納豆を食べるだけで目安摂取量の75mgに達するのです。

また、AGAと密接な関係性を持つ亜鉛を摂取できる点も大きく、この栄養素が不足することで以下のような弊害があります。

・抜け毛の量が増える
・白髪の量が増える
・細く元気のない髪の毛ばかりになる
・毛髪の成長が阻害される
・免疫力が低下して病気を患いやすくなる
・男性の生殖機能に悪影響を及ぼす
・味覚障害を患うリスクが高まる

上記のように、亜鉛が不足することで様々な症状が引き起こされます。

食生活が乱れやすい現代人に不足しやすい栄養素だからこそ、1日に1パックの納豆を食べる習慣を身に付ければバランス良く取り入れられるはずです。

納豆は日本が誇るべき食べ物と言っても過言ではなく、万能・優秀でありながら3パックで数百円というリーズナブルな価格でコンビニやスーパーで販売されております。

AGAの対策や予防には育毛剤を使った外側からのケアだけではなく、内側からも同時に対処しなければならないので、積極的に納豆を食べてみるべきです。

ただし、薄毛の予防効果はあってもAGAの治療効果は得られないので、症状の進行を食い止めるためにも当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへと足を運び、個人の体質に合わせた方法で改善を試みてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防