薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAの検査キット

   

「自分はAGAを発症しているのかどうか分からない?」「将来的に薄毛になるリスクを確かめたい」という男性は検査キットの使用が適しております。

「AGAを発症しているかどうかを確かめるには専門クリニックで検査しなければならないのでは?」と考えている人は多いかもしれません。

しかし、現在では通販で遺伝子検査キットが販売されており、自宅で簡単な方法でAGAかどうか調べられるようになりました。

検査キットを使用することでアンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の活動力を遺伝子レベルで調べられるため、AGAのリスクを正確に予測してくれます。

・頭頂部や生え際を中心にして薄毛が進行してきた
・細くて弱い抜け毛の本数が以前よりも増えた
・以前と比較して明らかに頭皮のボリュームが減っている

上記のような症状の男性は高確率でAGAを発症しており、年齢を重ねるにつれて抜け毛が増えて薄毛が進行していくはずです。

それでも、見た目では100%AGAだと判断できませんし、円形脱毛症や脂漏性脱毛症といった他の原因も考えられます。

そこで登場するのは遺伝子検査キットで、A(アデニン)・T(チミン)・G(グアニン)・C(シトシン)という4つのDNA塩基を調べ、CAGリピート値とGGCリピート値の合計で判断するのです。

このように聞くと分かりにくく、「面倒な方法なのではないか?」と考えるかもしれません。

しかし、「両ほほの内側を専用の綿棒で擦る」⇒「粘膜を採取する」⇒「同封の書類を指定の場所へと送る」⇒「結果が通知される」という簡単な方法で済みます。

AGAの発症リスクだけではなく、治療薬のフィナステリドの感受性の高低も確かめられるので遺伝子検査キットの「AGAドック」を使ってみてください。
 

>>> AGAドックの詳細はこちら

 
さて、もし自宅で行える遺伝子検査キットではなく、専門の医療機関で調べてもらうとなると2倍以上の費用がかかります。

初診料などの別の費用も支払わなければなりませんし、「医療機関へと足を運ぶのは面倒」という男性はインターネットで販売されている「AGAドック」の方が最適です。

ただし、「AGAドック」に限らず、遺伝子検査キットには以下のようなデメリットがあります。

・AGAのリスクの結果が通知されるまでの期間が少々長い
・専門家の意見やアドバイスを聞くことができない
・AGAの発症リスクを知るだけで薄毛の治療には繋がらない

特に最後の項目が非常に大きく、自分がAGAだと判明しても別の治療や対策を行わなければ進行を防ぐことはできません。

どちらにしてもAGAの治療を考えているのならば、わざわざ検査キットを購入しなくても医療機関へと足を運んだ方が良いのです。

当サイトでは数多くのAGA治療を取り入れた湘南美容外科クリニックをご紹介しているので、専門医のアドバイスを聞きながら薄毛を克服できるように努力してみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防