薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとジョギング・ランニング

   

AGAによる抜け毛や薄毛の症状で悩まされている男性には、ジョギングや軽いランニングといった運動が適しております。

ジョギングやランニング、サイクリングやスイミングは酸素を使う好気代謝によってATPと呼ばれるエネルギー源を合成する有酸素運動です。

育毛や発毛の関連サイトでは適度な有酸素運動がAGAの改善には良いと言われており、長期間に渡って続けることで以下のような効果を得られます。

・新陳代謝をアップさせて毛母細胞の細胞分裂を促す
・血行を促進させて頭皮に行き渡る酸素や栄養素の量を増やす
・発汗によって体内に溜まった老廃物を排出できる
・ストレスを発散してリラックス効果を上げられる
・髪の毛の成長に欠かせない成長ホルモンを増加させられる
・AGAの根本的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を汗と一緒に体外へと排出できる

上記の中でも、「成長ホルモンの増加」と「DHTの排出」という効果が特に大きく、ジョギングやランニングがAGAにとって良いと言われている大きな理由です。

成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中だけではなく、運動によっても増加すると考えられております。

ジョギングなどの適度な運動だけではなく、筋肉トレーニングや短距離走といった激しい運動も同じで、身体を動かすことがいかに大事かお分かり頂けるのではないでしょうか。

それに、運動をして血行が促進すれば新陳代謝が活性化され、汗と一緒に脱毛要因物質のDHTが体外へと排出されます。

「男性ホルモンのテストステロン」⇒「酵素の5αリダクターゼと結合」⇒「DHTに変わる」というメカニズムでAGAを発症し、抜け毛や薄毛の症状が悪化していくのです。

DHTをどうにかすることでAGAの症状をストップさせられるので、プロペシアなどの医薬品の服用だけに頼るのではなく、健康のためにもランニングなどの運動を取り入れた方が良いかもしれません。

ただし、日頃全く身体を動かさない人がいきなりランニングを始めるのは少々ハードルが高いので、簡単に始められるウォーキングやストレッチの方が適しております。

三日坊主で終わってしまえば全く意味がありませんし、長期間に渡って続けることで一定の効果が得られるので、自分の身体に負担が加わらない範囲で行うのがベストなのです。

もちろん、既にAGAによる頭頂部の脱毛や生え際の後退が進んでいる男性は別の視点からの治療を行わなければ回復は難しいので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックへを足を運んでみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防