薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとヘアスタイル

   

AGAによる薄毛で悩まされているのならば、見た目のイメージを少しでも良くするためにヘアスタイルを変えてみるべきです。

ヘアスタイルは人の印象を大きく変えますし、工夫次第では薄毛を目立たなくさせられます。

もちろん、ヘアスタイルを変えてもAGAの根本的な改善に繋がるわけではありませんが、若々しい印象に見せられればコンプレックスの解消に繋がるはずです。

そこで、下記ではAGAによる薄毛で悩む男性におすすめのヘアスタイルをご紹介しているので、イメチェンを図ってみてください。

ベリーショート:直毛でもくせ毛でも上手に活かせる万能なスタイル
オシャレボウズ:思い切り刈り込んだボウズは清潔感があって好印象を与えられる
ソフトモヒカン:サイドの髪の毛を短くしてトップを目立たせるソフトモヒカンはどんな薄毛の症状にも効果的
ショートレイヤー:短い前髪を散らすことで生え際や前頭部の薄毛をカモフラージュできる

基本的に、AGAで悩む男性におすすめのヘアスタイルは長髪ではなく短髪です。

上記でご紹介したベリーショートやソフトモヒカンは全て短髪で、女性から最も好まれるヘアスタイルとなっております。

「髪の毛を伸ばして薄くなっている部分を隠した方が誤魔化せるのではないか?」と考える男性は多いかもしれません。

しかし、薄毛部分を無理に隠そうとすればするほど違和感の残るヘアスタイルとなりますし、バレた時に「情けない」「女々しい」「ださい」という印象を与えてしまいます。

それに、毛髪が長いほど重力の影響で毛根全体に加わる力が大きくなり、特に頭頂部付近は下へと生える髪の毛によって横向きに引っ張られてしまうのです。

薄毛を一時的に隠すだけではなく、発毛効果や育毛効果を少しでも高めるためにも、短髪にした方が良いでしょう。

また、オールバックや七三分けは一部の毛髪に負荷が加わり、毛根にもダメージが加わってAGAによる薄毛が進行しやすくなります。

発毛のためにはできる限りナチュラルな状態で髪の毛を保つ必要があるので、無理なヘアスタイルは避けるべきです。

美容院や理容室でカットする際だけではなく、自宅でヘアスタイルをセットする時も以下の点に注意が必要となります。

・ブラッシングは毛髪や頭皮に負担が加わらないように毛先から優しくとく
・ダメージを減らすためにパーマやカラーリングは避ける
・ワックスやジェルなどのスタイリング剤はホコリなどの汚れが毛髪に付着しやすくなるのでなるべく避ける

自分の好きなヘアスタイルを楽しみたいのならば、クリニックを受診してAGA治療を行い、根本的に薄毛を改善するべきです。

当サイトでご紹介している薄毛専門外来の湘南美容外科クリニックでは、専門的なAGA治療が取り入れられているのでまずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAの対策・予防