薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと頭痛

   

医薬品を使ってAGA治療を行っていくに当たり、頭痛の副作用で悩まされることがあります。

代表的なAGAの治療薬としてはプロペシアとミノキシジルタブレットの2種類で、以下のような効能を持ち合わせているのです。

プロペシア⇒男性ホルモンのDHTを阻害して抜け毛の量を減らす
ミノキシジルタブレット⇒血管を拡張させて発毛効果を高める

どちらの医薬品も内服薬なので頭痛を中心とする副作用で悩まされることがあり、服用する際は自分の体調を小まめにチェックしなければなりません。

もちろん、重篤な副作用で悩まされるケースは少ないですし、用法と用量さえきちんと守っていれば問題ないはずです。

それでも、医薬品を使ってAGAを治療しているという点では同じなので、1日に1錠という用量をしっかりと守り、ゆっくりと抜け毛や薄毛の対策を練るようにしましょう。

仮に、1日に飲む量を増やしたとしても2倍の効果が得られるわけではありませんし、頭痛や眠気などの副作用で悩まされやすくなるので危険です。

現在ではインターネット通販のような形で、個人輸入代行業者を利用して海外で販売されているAGA治療薬を簡単に入手できるようになりました。

安い価格で入手できるのが最大のメリットですが、専門医の指示やアドバイスは受けられないので、AGA治療の初心者は専門機関を受診して処方してもらった方が良いかもしれません。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、投薬治療に加えて薬剤を頭皮へと打ち込む毛髪再生療法も実施されているので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGA治療薬のプロペシアは日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を得ており、安全性と効果の両方が確立されております。

その点、ミノキシジルタブレットは評価されておらず、Aランクに位置しているのは育毛剤のミノキシジルなのです。

実際に、ミノキシジルタブレットを服用した男性の口コミを見てみると、「髪の毛は生えるけど頭痛が酷い」「数日間は眠気で悩まされる」「多くの男性が多毛症で悩まされるはず」と記載されておりました。

他の内服薬と比較して身体への負担が大きいのは事実で、頭痛を中心とする副作用で悩まされやすいのです。

そのため、まだ抜け毛や薄毛の症状が進行していないのならば、ミノキシジルタブレットではなくプロペシアから治療を始めた方が良いかもしれません。

どちらにしても、医師の指示に従って薄毛治療を進めていかなければならない点では一緒です。

 - AGAと関係のある症状・病気