薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAとうつ病

   

うつ病を患っているからといってAGAの発症リスクが高まることはありません。

しかし、AGAによる抜け毛や薄毛にコンプレックスを抱え、うつ病を患うことはあります。

60代や70代など年齢を重ねて薄毛が引き起こされても、歳相応なので仕方がないと考えられるはずです。

一方で20代や30代など働き盛りの年代でAGAを発症して薄毛が進行すると、見た目のイメージが悪くなって女性に対して積極的になれず、うつ病を発症することはあります。

うつ病にまで至らなくても、憂鬱な気分になったりやる気が低下したりという状態に陥りやすいので、自分の髪の毛に不安を抱いた段階でAGA治療を始めてみてはいかがでしょうか。

放置していても自然と回復するような病気ではありませんし、一度AGAを発症すれば抜け毛を引き起こすDHTは産生され続けるので、確実に薄毛は進行していきます。

そこで、AGA治療を行えば薄毛の進行をストップさせられますし、近年では直接的な発毛効果を得られる育毛メソセラピーといった薄毛治療も登場しました。

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、育毛メソセラピーのスマートメソが実施されているので、うつ病を予防するためにもAGAで悩んでいる男性は一度受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 
さて、AGA治療薬のプロペシアを服用し、うつ病のような症状に陥ったと口コミを残している男性はいらっしゃいました。

プロペシアの添付文書にも、副作用の項目の中に「抗うつ症状」と表記されており、酵素の5αリダクターゼを阻害し、活性型男性ホルモンのDHTを減らす作用を持っていることが原因です。

男性ホルモンの量が減ることでホルモンバランスが崩れ、筋肉やタンパク質を作る働きが鈍くなって倦怠感やだるさが生じやすくなります。

また、DHTを抑制して抜け毛を減らす効果だけではなく、腦脊髄液内の神経ステロイドも減少させることが分かりました。

その結果、自律神経のバランスが崩れ、うつ病のような症状が引き起こされやすくなるのです。

・仕事が辛いと感じるようになった
・以前と比較して集中力がなくなった
・毎日生活していて身体がだるくなる
・楽しい感情が分からない
・イライラしやすくなった
・誰とも会いたくないと感じるようになった
・頭痛やめまいで悩まされるようになった
・食欲不振が長期間に渡って続いている

AGA治療薬の服用によって上記のような事例が報告されておりますし、実際にうつ病へと発展したケースも少なくありません。

基本的にうつ病と診断された場合、プロペシアが原因ならば服用をやめれば症状は回復していきます。

しかし、服用を中止しても、その後も継続して不快な症状が引き起こされるポストフィナステリド症候群が生じるという報告もありました。

全ての男性が引き起こす後遺症というわけではありませんし、プロペシアの副作用の発症率自体も非常に低くなっております。

それでも、医薬品を使ってAGAによる薄毛の治療を行っていることを再認識し、用法や用量には十分に注意してください。

 - AGAと関係のある症状・病気