薄毛治療研究センター

薄毛治療の費用・効果・口コミ関する総合サイト

AGAと頭皮の硬さ

   

AGAによる抜け毛と頭皮の硬さには少なからず関係性があり、症状を悪化させる要因となります。

頭皮が硬いと何かしらの原因で血行不良に陥っている可能性が高く、毛細血管の流れが悪くなれば髪の毛に行き渡る栄養素や酸素の量も減少しやすいのです。

頭皮の硬さと新陳代謝も大きく関係しており、柔軟性がなくなって突っ張ったような状態となれば髪の毛の成長が阻害されるので、AGAの症状の悪化に繋がったとしても不思議ではありません。

頭皮が硬くなる原因としては以下が挙げられます。

・身体全体が冷えて血液やリンパ液の循環が悪くなっている
・長時間に渡るデスクワークによって眼精疲労を起こしている
・太陽からの紫外線を浴びて皮脂が酸化し、毛穴を詰まらせている
・偏った食生活によって新陳代謝がスムーズに行われなくなっている
・頭皮の弾力を保っているコラーゲンが加齢によって減少している
・猫背や首猫背など姿勢の悪さによって肩こりが引き起こされている

上記のような要因で頭皮の柔軟性が悪くなって硬くなり、健康的な毛髪の発育にダメージが加わります。

髪の毛が健やかに成長するためには栄養素や酸素が必要不可欠なので、AGAの治療に加えて頭皮を柔らかく保つケアも同時に行わなければなりません。

しかし、大阪大学大学院医学系研究科の板見智教授は「専門医が語る毛髪医療最前線」という本で、AGAと頭皮の硬さには関係性がないと記載しておりました。

・頭皮に柔らかいも硬いもない
・指の先で触っただけで硬くなっていると分かるほど敏感ではない
・「頭皮が硬いとハゲる」という噂は育毛サロンの決まり文句
・結果的に頭皮が硬くても柔らかくてもAGAは発症する

著書の内容をまとめると上記のようになり、頭皮の硬さが引き金となってAGAを発症し、抜け毛が増えて薄毛が進行することはないとお分かり頂けるはずです。

そのため、頭皮の硬さにはそこまで神経質になる必要はありませんし、自分の症状に合わせたAGA治療を根気良く続けていれば問題はないでしょう。

もちろん、血行不良で髪の毛に行き渡る酸素や栄養素の量が減少しやすいのは紛れもない事実なので、眼精疲労や肩こり、運動不足には注意が必要です。

AGAの治療を進めたいのならば、当サイトでご紹介している専門機関の湘南美容外科クリニックへの受診がおすすめとなっております。

投薬治療に加えて頭皮へと薬剤を注入する専門的な治療も実施されているので、まずは湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。
 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 - AGAと関係のある症状・病気